今回はGoogle検索広告において、入稿したキーワードがどれだけキーワードの文字列から拡張されて配信されたかを確認する方法を書いていきます。
キーワード毎の拡張の具合を知ることで効果の良いマッチタイプを選定しやすくなるはずです。

キーワード拡張実績の確認方法

キーワードの拡張具合を知るためには、Google広告の分割機能を使います。
「検索キーワード」の画面から「分割」を選びます。

分割メニューから「検索語句のマッチタイプ」を選びます。

すると、各キーワードごとに検索語句のマッチタイプ別の実績が表示されます。

これでキーワードの拡張具合やそれぞれの実績を知ることができます。

検索語句のマッチタイプとは?

この話をするうえでよく混乱しやすいのが、「検索キーワードのマッチタイプ」と「検索語句のマッチタイプ」の違いです。
「検索キーワードのマッチタイプ」はキーワードをどこまで拡張させるか、入稿時にこちらが指定できるマッチタイプです。
一方、「検索語句のマッチタイプ」は設定した検索キーワードと実際の検索語句がマッチしているかどうかを表す、検索キーワードに対しての実績のマッチタイプです。

例)検索キーワード「看護師 求人」(検索キーワードのマッチタイプ:部分一致)

入稿した検索キーワード 検索キーワードのマッチタイプ 実際の検索語句 検索語句のマッチタイプ
看護師 求人 部分一致 看護師 求人 完全一致
看護師 求人 部分一致 看護師 求人 埼玉 フレーズ一致
看護師 求人 部分一致 看護師 年収 部分一致

検索語句のマッチタイプでフレーズ一致や部分一致が、指定したキーワードから拡張された実績になります。

注意事項

検索語句のタブでは実際の検索語句を確認することができますが、これはすべての検索語句を網羅しているわけではないため、一部表示されていない検索語句もあります。
そのため、今回ご紹介した検索語句のマッチタイプ別実績の数字と一致しない場合があります。
また、残念ながら現時点では、コンバージョンに関する数字は取得できないようです。(本当はここが一番知りたい・・)
あくまで確認できるのは、表示回数やクリックに関する指標までとなります。

実際の拡張事例は?

一例として、キーワードのマッチタイプをすべて部分一致にしたキャンペーンでの検索語句の実績を公開します。(業種・企業名は控えます。)
※数字はキャンペーン全体実績を100%としています。

検索語句のマッチタイプ 表示回数 クリック率 クリック単価
完全一致 10% 120% 113%
フレーズ一致 27% 110% 93%
部分一致 63% 93% 101%

キーワードマッチタイプを部分一致にしているため、検索語句のマッチタイプも部分一致が約6割と多いです。
クリック率は完全一致・フレーズ一致の方がやはり高いですね。

最後に

今回は「検索語句のマッチタイプ」別の実績を確認する方法をご紹介しました。
残念ながらまだコンバージョンに関する実績を見ることはできませんが、クリック率に課題がある場合などは今回ご紹介した方法でキーワードのマッチタイプを見直すきっかけに使えそうです。

 

関連記事

Google広告:検索連動型広告で部分一致キーワードを多用するのは危険ではないか?

【Google広告】事例:部分一致アップデートの検証結果

【Google広告】進化した部分一致!部分一致をうまく活用してパフォーマンスを改善しよう。

 

The following two tabs change content below.

Kyotaro Yamaoka

横浜国立大学工学部卒。重工業系エンジニアを経て、2015年にWebマーケティング業界に参入。 前職では広告代理店のリーダーとして各種Web広告の運用を中心に多様なクライアントのプロモーションを支援。「デジタルマーケティング業界の何でも屋」「一人一人が獅子になる」という考え方に共感し 、2021年に援軍へ入社。 データ分析に強みを持つ理系ディレクター。