まだWEB広告を始めていない方から聞こえる声としてよく伺うのが、「自社サイトもあるし、集客にお金をかけない方がいい」という内容。もちろん無駄にお金をかける必要はまったくありません。しかしWEB広告には、始めることで得られる多くのメリットがあります。今回はそんなお話です。

時間をかけずに情報を届けることが出来る

WEB広告は届けたい方に向けて、届けたい情報を、時間をかけず届けることが出来ます広告である以上、届けたい方に向けて情報を届けるということはイメージしやすいかと思います。では時間においてはどうでしょうか。自社サイトは適切に運用を行えば強力な集客ツールとなりますが、結果が出るまでに時間がかかるという特徴があります。サイトや狙うキーワードにもよりますが、数か月~半年は時間が掛かるものだと考えてよいでしょう。対してWEB広告は時間をかけず、情報を届けることが出来るという特徴があります。時間をかけずに情報を届けることが出来るという点はビジネスにおいてとても重要で、機会損失の低下を防ぐことが出来ます。

何が有益な情報なのか判断しやすい

WEB広告は訴求内容のテストを行うことが容易です。新規ビジネスの場合は、ターゲットとしている方が何を求めているのかわからないケースが多いかと思います。WEB広告で訴求内容別の反応を見ることで、有益な情報が何かを知ることが出来ます。

現在はレスポンシブ広告が主流になっています。パフォーマンスに基づいて訴求別(図ではアセットと書かれています)に低、良、最良の評価されるようになっており、ターゲットにおいて何が有益な情報なのか判断しやすい作りになっています。

費用対効果を意識しやすい

どれだけの費用をかければ、どれだけの売上が得られるのか判断しやすいという特徴もあります。たとえば下記の図の内容は広告管理画面上で取得できる情報です。各キャンペーン別にかけた費用に対して、どれだけの売上があったのかを確認することが出来ます。

自分の予算に合わせて始めることが出来る

新規ビジネスの場合は、充てることが出来る予算が限られているケースが多いかと思います。WEB広告の多くは広告予算を自由に設定することが出来るため、自分の予算範囲の中で広告を出稿することが出来ます。月額費用に関しては過去の記事がありますのでこちらをご参考にして頂ければと思います。

【中小零細企業向け】リスティング広告の月間費用はいくら用意すればいいか?

スモールビジネスをやられている方ほどおススメ

予算を自由に組める、すぐに情報を届けることが出来る、費用対効果を把握しやい等は、新しくビジネスを始める方にとっては大きなメリットとなります。WEB集客は様々な方法がありますが、WEB広告も集客のひとつとしてぜひ検討してみてください。あなたのビジネスを加速することが出来ますよ。

 

The following two tabs change content below.

Hiroshi Shimada

リクルートにて求人広告制作のディレクター、Googleにてアカウントマネージャーをそれぞれ経験。その後、健康コーポレーション(現RIZAP)にて、WEB施策のデータ分析を行う部署を統括。直近10年はWEBマーケティングに専念しているが、広告領域の業務で言えば22年の経験。オンライン・オフラインどちらの戦略立案・実施・分析においても、知識・経験が圧倒的に豊富なマーケター。

engun_banner-lion