これからリスティング広告を実施するという場合、どのくらいの費用を見込んでおけばいいのか気になることでしょう。特に、初めてリスティング広告に挑戦する場合は、月間予算としていくらの費用が必要なのか想像しようもなく、ネット検索等で色々と情報収集することと思います。しかしながら・・・

用意すべき月間費用に正解はない

当たり前の回答になりますが、用意すべき月間費用(月間予算)に正解はありません。その費用を投下して得たいもの(目標)が何か、どのくらいの期間でその目標を達成したいのか、同じ広告枠に広告配信している競合の月間費用はどの程度か、などなど「状況が違う」わけですので固定の正解はないということになります。

失敗を許容できるギリギリの範囲で予算を組む

正解は無いですが、それでは掴みどころがありません。掴みどころがないことで前に進めないのでは仕方ありませんから、何らかの軸となる考え方を提示するとすれば「失敗しても許容できる範囲で、最も多い予算を費用として用意する」ことをお勧めします。シンプルに「費用が多い方が成果は出しやすいから」ですが、ただし「失敗すると倒産するような金額を投下するのは危険」という考え方です。

多くの中小零細企業のリスティング広告費用は月間30万円以下

倒産のような大きなダメージとならない範囲で最大限の費用(予算)を用意するのが良いわけですが、中小零細企業におけるその金額は「月間30万円以下=1日1万円以下」であることがほとんどです。ですので、他の中小零細企業と同じであることに安心するのであれば、その規模感の予算を用意すればいいと思います。

が、他の中小零細企業と同じであることに安心することに意味は無いと思いますし、多くの中小零細企業はマーケティングが上手くいっていないからその規模感の企業にとどまっているのですから、他の中小零細企業の一般的なリスティング広告費用を真似して用意するというのは得策ではないと思います。真似すべきでない基準として多くの中小零細企業のリスティング広告費用の相場観を知っておきましょう。

今回は以上です。リスティング広告を実施する場合だけに限らず、大きなマーケティング予算を組んで大きな施策を実施した方がプロモーションというのは上手くいくことが多いです。また、上手くいかなかった場合でも、蓄積できるデータの量が多い為にその施策を次へ活かしやすいです。その為、「失敗=倒産」となるような「無理しすぎ」ではいけませんが、失敗しても大丈夫と思える範囲で最大限の予算を「リスティング広告の費用」として見込んでおきましょう。あまりに少なすぎる予算では、その後に活かせるデータも十分に蓄積することができぬまま失敗に終わったりすることがあり、そうなるとリスティング広告を実施した意味が何も無くなってしまいます。ご注意下さい!

The following two tabs change content below.

Akira Kodaka

2005年、SEO・サイト制作で起業。法人向けSEOを請け負いつつ、アフィリエイターとしても活動(当時国内上位1%の報酬獲得実績達成)。また、同時期に美容室を買収し、黒字化させてバイアウト。その後、2010年から8年間、Googleで広告運用スペシャリストとして活躍。新規クライアント専門ビジネス支援部門リード、広告代理店営業マネージャー、通信テクノロジー業界シニアアカウントマネージャーを経験。2018年、株式会社援軍設立。

engun_banner-lion