Facebook広告には「アカウント立ち上げ当初(1~2週間程度)は1日6000円程度しか配信が出せない」という制限がかかります。
この制限、アカウント立ち上げ当初だけだと思っていたのですが、実はそうとも限らないようです。

事例:一度制限が解除されても再び制限にかかることがある

最近の事例で、4月末に立ち上げたアカウントが10日ほど経ってから1日6000円程度の上限が解除されました。
しかしそこから2週間経って再び制限にかかるという事象が発生しました。

ちなみにアカウントの制限がかかっているか確認する方法は以下です。

Facebookのショートカットメニューから「アカウントのクオリティ」を選択します。

ここで対象のアカウントをチェックし、「アカウントが制限を受けています」というようなエラーが表示されていると1日の予算が制限されています。
逆に表示されていなければ制限は受けていないことになります。

原因:なぜ制限がかかる?

そもそもこのような制限がかかる背景には理由があります。
広告主がポリシーに準拠しているかどうかを確認し、プラットフォームの健全性とユーザー体験を守るためです。
詳細は以下に記載されています。
https://www.facebook.com/business/help/975570072950669?id=434838534925385

このヘルプによると、原因は以下の通りです。

  • 広告主のMetaビジネスアカウントまたはビジネスアセットが不正利用または不正アクセスされたと疑われる場合。不正アクセスされたアカウントの安全を確保する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
  • 広告主が、アカウントのセキュリティ強化を目的とした二段階認証の要件を満たしていない。
  • 新規の広告主である。新規の広告主の場合、当社ポリシーに一貫して従っていることが確認できるまで、1日に消化できる金額や利用できる機能に制限がかけられることがあります。

新規の広告主以外でも、アカウントの安全性に問題がある場合に制限がかかるようです。

対処法:どうやったら制限を解除できる?

制限解除の方法ですが、基本的には「待つ」ことです。
経験上、新規アカウントではない場合の制限は大体3日くらい待つと制限は解除されています。
または、制限の原因となった問題を解決した状態であれば、ヘルプセンターに問い合わせて制限解除を依頼することも可能なようです。

 

The following two tabs change content below.

Kyotaro Yamaoka

横浜国立大学工学部卒。重工業系エンジニアを経て、2015年にWebマーケティング業界に参入。 前職では広告代理店のリーダーとして各種Web広告の運用を中心に多様なクライアントのプロモーションを支援。「デジタルマーケティング業界の何でも屋」「一人一人が獅子になる」という考え方に共感し 、2021年に援軍へ入社。 データ分析に強みを持つ理系ディレクター。