投稿者: Hiroshi Shimada

【二重価格】気が付かずに行ってしまう不当表示について

広告のクリエイティブを考える際に価格訴求をすることも多いかと思います。価格を少しでも安く見せるために、価格を〇%OFFとして打ち出すことなど。しかし価格を比べて価格訴求する場合、使い方を誤ると「不当表示」となる可能性があります。今回は2重価格による不当表示についてのお話です。 二重価格の基本的な考え方...

Read More

【景表法/比較広告】そのランキング、根拠はありますか?

商品購入やサービス導入を検討している際にとても役に立つのがランキング・比較情報サイト。これらは比較広告とも呼ばれます。今何が売れていて、どんな理由で選ばれているのかといった情報は検討している段階ではとても有益な情報となります。そして比較広告においても守るべきルールが存在します。今回は比較広告においての考え方についてお話ししたいと思います。 比較広告の基本的な考え方とは...

Read More

【薬機法】その体験談はNG?体験談で言えること・言えないこと

スキンケア化粧品などの広告では、実際に使用している方の体験談がとても重要なコンテンツとなります。しかし体験談といえど、表現可能な内容、表現が不可となる内容が定められています。今回は体験談で、いえること言えないことについてのお話となります。 体験談であっても範囲を超えた効果効能については言及できない...

Read More

【景表法】その広告表現は危険?有利誤認・優良誤認となる表現

広告運用者は、コンバージョン率やクリック率をあげるために、広告文の表現内容を強めに表現することがあるかと思います。しかし表現の中には法律に違反する場合もあります。今回は広告表示する際に注意を払う必要がある「優良誤認」「有利誤認」についてお話しいたします。 景表法では嘘や大げさな表現は禁止している...

Read More