Google広告のコンバージョンをGTMで設定する方法については以前ご紹介させていただきましたが、今回はYahooのGTM設定についてご紹介いたします。

GTMのアカウント設定及びGoogle広告については下記をご確認ください。

GTMでタップコンバージジョンを設定する方法※Google広告編

 

Yahooアカウントよりタグの抽出

アカウントにログイン後、ツール→コンバージョン測定より「コンバージョン測定の新規設定」を選択しコンバージョン名やコンバージョンの種別を選択します。

 

 

コンバージョン名は分かりやすい任意のものを入力し、コンバージョン種別は「ウェブページ・電話発信」など選ぶことができます。今回はウェブページでのコンバージョン測定の設定を行います。

コンバージョン測定目的は購入販売やお問い合わせなど、測定したいコンバージョンに近いものを選択してください。

入力が完了したら「保存してタグを取得」をクリック

 

そうすると、コンバージョン測定画面に作成したタグが表示されるので、そこから「タグを表示」をクリックするとタグが表示されます。

ここまで来たらGTMの管理画面に移動します!

 

サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグの設置

GTMの管理画面から、タグ→新規を選択し、設定するコンバージョン名を入力します。このときに何のタグなのか分かるようにYahooと記入した方が良いです。

まずは、全ページに貼り付ける必要がある「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」の設定を行いましょう。

タグのタイプは「カスタムHTMLタグ」を選択します。

カスタムHTMLを選択したら、Yahooアカウントで抽出した「サイトジェネラルタグ・コンバージョン測定補完機能タグ」をコピペし、トリガーは「ALL Pages」を選択し「保存」をすればOK。

 

トリガーの設定

コンバージョンとして計測したいページをトリガーに指定します。

GTMの左側から、トリガー→新規と進み、トリガー名を入力します。今回は「thanks/」という表記のURLが表示された際にコンバージョンとして計測を行うと仮定します。

その場合、トリガータイプは「ページビュー」を選択し、「このトリガーの発生場所」は「一部のページビュー」

page URLに計測したいURLの一部またはすべてを入力すればトリガーの設定は完了です。

 

 

コンバージョンタグの設定

サイトジェネラルタグ・トリガーの設定がが完了したら、コンバージョンタグの設置を行います。

サイトジェネラルタグの設定と同様に「タグ→新規」と進みタグのタイプは「カスタムHTMLタグ」を選択。Yahooの管理画面で抽出した「コンバージョン測定タグ」をコピペします。

 

Yahooのコンバージョン測定を行うには「タグの順序付け」を設定する必要があります。

詳細設定→タグの順序付けを選択し、さきほどGTMで設定したタグを発行する前に「サイトジェネラルタグ」を配信するように設定をします。

 

これでGTMのコンバージョン測定は完了です!

設定が完了したらプレビューモードできちんと発火するかを確認するのも忘れないでくださいね。

GTM(Google Tag Manager)のプレビューを使ってタグの発火を確認する方法

 

サンクスページのURLが変わらない場合や、電話などクリックのコンバージョン設定は下記を参照

初心者向け:サンクスページのURLが変わらない場合のコンバージョン計測方法

GTMで電話番号タップ時にコンバージョン計測する方法

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんプランナー。Google広告聡明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion