日々、広告運用をおこなっていると、改善に行き詰まることも多いかと思います。たとえば見込みあるユーザーを連れてきているのに、なかなか獲得(コンバージョン)に至らないなど。今回はそんな状況の打開策の一つとして利用することが出来るgoogleオプティマイズについてのお話となります。

Googleオプティマイズとは

Google オプティマイズ

簡易的に行うことが出来るABテストツール

Google オプティマイズは、様々なパターンのウェブページのテストが可能なABテストツールです。たとえば同じページ内でキャッチコピーパターンAと異なる訴求内容のキャッチコピーパターンBを簡単にテストすることが可能です。また複数の要素を持つパターンを同時にテストする多変量テストを行うことも可能です。最良の結果を得られる組み合わせを特定できます。

無料版でも機能は充実

Google オプティマイズは、無料で使用することが可能です。有料版もありますが、無料版でも機能は充実しており、膨大なテストを行わない限りは問題なく使用できる内容となっております。

オプティマイズとオプティマイズ 360 の比較

WEB広告(主にGoogle広告)とは相性が良い

WEB広告とは相性が良く、訪問したユーザーに合わせて様々なテストを行うことが可能です。例えば特定のキャンペーン・広告グループ・キーワードのみABテストを行い、テストが良い影響を与えそうなら全キャンペーンで使用するなど、費用対効果を踏まえつつ導入することが可能です。

導線の中でネックになっている箇所でテストを行う

獲得に至るまでの導線(動線)を把握する

導入するにあたり、考えるべき点はテストをどこで行うべきか。サイト訪問後、ランディングページ以降、ユーザーは様々なページに遷移して獲得へと進んでいきます。優先してテストを行うべきはそのルートの中で離脱につながっている箇所。獲得を阻害するポイントでテストをおこなうことで、効果的に改善することが出来ます。

確認しやすいのはGoogle Analyticsの「行動フロー」

では訪問したユーザーはどのような動きをしているのでしょうか。グーグルアナリティクスの「行動フロー」を確認すれば、訪問したユーザーの動きについて確認することが出来ます。

改善する範囲を広げてさらに成果を上げていく

Google広告の管理画面上で行えることは主に見込みあるユーザーを連れてくるための施策が中心。サイト訪問以降の改善については広告管理画面上からは手が出せません。獲得につなげるにはサイト側の改善も必要です。簡易的にサイト上のテストを行うことが出来るGoogleオプティマイズは、改善の幅を広げることが出来るツールとなります。活用してさらに成果を上げていきましょう!

The following two tabs change content below.

Hiroshi Shimada

リクルートにて求人広告制作のディレクター、Googleにてアカウントマネージャーをそれぞれ経験。その後、健康コーポレーション(現RIZAP)にて、WEB施策のデータ分析を行う部署を統括。直近10年はWEBマーケティングに専念しているが、広告領域の業務で言えば22年の経験。オンライン・オフラインどちらの戦略立案・実施・分析においても、知識・経験が圧倒的に豊富なマーケター。

engun_banner-lion