Facebookビジネスマネージャとは、Facebookでのマーケティング活動や広告を一括で管理できるツールです。社内だけでなく、外部のメンバーへのアセットへのアクセスを簡単に管理することができます。

Facebook広告やInstagram広告を代理店に任せる場合などは、このビジネスマネージャを活用するのがベストですが、Facebookになれていないとビジネスマネージャとの連携作業がとても分かりにくい・・。私自身もクライアントと弊社のビジネスマネージャの連携がなかなかうまくいかずに、困ってしまったので備忘録として記載します。

ビジネスマネージャの作成方法

1.https://business.facebook.com/overview →こちらよりビジネスマネージャ作成

2.アカウントを作成

 

3.ビジネス情報を入力

4.メールアドレスの承認

入力したメールアドレスに承認メールが届いているので「今すぐ承認」をクリック

これで、Facebookビジネスマネージャの作成は完了です!

 

広告アカウントを作成する

すでに広告アカウントを持っている場合

ビジネス設定→アカウント→広告アカウントから「追加」を選択し「広告アカウントの追加」

 

 

 

広告アカウントIDを入力し「広告アカウント追加」をクリックすればOK

 

広告アカウントがない場合

広告アカウント→追加→「新し広告アカウントを作成」

 

広告アカウント名は管理しやすい任意の名前でOKです。

「時間帯」と「通貨」は作成してから変更ができないので注意してください。

 

 

自社ビジネスマネージャを外部のビジネスマネージャとリンクする

Facebook広告を代理店にまかせる場合などは、作成したビジネスマネージャを代理店のビジネスマネージャとリンクする必要があります。

まず、代理店側のビジネスIDをクライアントに伝えます。※こちらは代理店側の作業になります。

 

共有してもらったビジネスIDをパートナー追加します。

「新しいパートナーを追加」から教えていただいたビジネスIDを入力します。

 

どのアセットを割り当てるのかを「アセットタイプ」から選択をします。ちなみに、アセットとは「広告アカウント」や「ページ」「Instagramアカウント」などのことを指しています。

今回は「広告アカウント」を外部パートナーに割り当てたいので、アセットは「広告アカウント」にチェックを入れ「スタンダードアクセス」でどのアクセス権限を与えるかを選び保存をすればOK。

その他、ページやInstagramアカウントのアセットを割り当てたい場合は、同じ要領で追加をしてください。

 

変更を保存すると、アセットの追加が完了します。

 

広告アカウントを「援軍」のビジネスマネージャにアセットが共有できました。

 

アセットをユーザー単位で権限を追加する方法

社内の方などにユーザー単位でアセットを追加したい場合は、ユーザー追加から設定を行います。

 

メールアドレスを入力し、追加するユーザーへどの権限を与えるかを選択し「次へ」

 

どのアセットを割り当てるかを選択し、どこまでの権限を付与するかをチェックをいれて「招待」

 

招待が送信されます。

 

このようなメールが届きますので「スタート」をクリックすればユーザー追加が完了します!

 

Instagramアカウントとのリンク

ビジネスマネージャにInstagramアカウントを追加することで、一括で管理することができます。

アカウントより「Instagramアカウント」を選択し追加

 

 

Instagramアカウントをリンクをクリック

 

現在ログインしているアカウントで問題ないようであれば「~としてログイン」を選択し、違うInstagramアカウントの場合は「アカウントを切り替える」を選択します。

 

広告アカウントを選択し、アセットにチェックを入れて「完了」

 

Instagramアカウントがリンクされたかを確認したい場合「リンク済みのアセット」を選択すれば、どの広告アカウントにリンクされているかを確認することができます。

 

パートナーにInstagramアカウントを共有

Instagramアカウントの追加が完了したら、パートナーにInstagramアカウントのアセットを共有する必要があります。

 

アセットタイプ「Instagramアカウント」対象のアセットを選択しチェックをいれます。この作業を行うことでパートナー(代理店)はInstagramアカウントを広告アカウントにリンクして広告設定ができるようになります。

 

援軍にInstagramアカウントのアセットが割り当てられました!

 

 

Facebookビジネスマネージャをパートナー(代理店)や社内のユーザーを追加することによって、複数人でFacebook広告やページを管理することが可能になります。是非、活用してみてはいかたでしょうか?