キャンペーン構成を考える際に重要な「キーワードの選定」そのキーワードはどのように決めていますか?多くの運用者は、ユーザーが検索するであろうと想定したキーワードを設定していると思います。

しかし、思いつくキーワードは限りがありますし、設定したキーワードが適切なキーワードなのか不安に感じてしまうこともありかもしれません。また、商品数が膨大なサイトのキーワード設定は非常に大変ですよね。。

そのようなときに便利なのが「動的検索広告(DSA)」です!

 

動的検索広告(DSA)とは?

動的検索広告(DSA:Dynamic Search Ads)は広告主のwebサイトを登録することで、Googleがwebサイトに関連するキーワードが検索された際に広告が配信され、リンク先も関連性が高いと思われるページを自動でリンクし、検索語句に基づき広告文も見出しも自動で作ってくれるというとても便利な機能です。

DSAの仕組みは、登録したwebサイトをGoogleのクローラーが巡回し、各ページの情報をGoogleのデータベースに溜めていきます。その蓄積された情報を基にユーザーが検索したキーワードと関連性が高いページをリンク先として自動で設定をし広告配信が行われます。

 

動的検索広告(DSA)のメリット

新たな検索語句の発見につながる

ユーザーが検索するキーワードは三者三様なので、登録しているキーワードだけでは網羅しきれいないですが、DSAを設定すればLPと関連性の高いキーワードで検索をした人に対してい広告を配信してくれるため、運用者が予想しなった検索語句などの発見につながります。

 

大量のキーワードを設定しなくてもよい

商品数が多いサイトだと、キーワードも膨大な数になるので設定が大変ですよね。DSAはwebサイトを登録するだけでOK。通常の検索広告のようなキーワード設定などが必要ないため設定口数の削減につながります。

 

インプレッション増加が見込める

設定したキーワードでインプレッションが少ない場合、DSAの配信を行うことでトラフィックの増加につながる場合もあります。また、競合性の低い自身型番や製造番号などニッチなキーワードでも広告が表示されることがあるので、CVにつながる可能性も高くなります。

 

動的検索広告(DSA)の注意点

DSAはwabサイトからキーワードを想定して配信される仕組みです。そのため、想定していないキーワードでも広告が表示されることもあります。検索語句を確認し意図しないキーワードを見つけた場合には都度、除外設定をしましょう。

あらかじめ、除外しておきたいキーワードを設定することが可能なので、通常の検索広告同様に除外キーワードの設定は行った方がベストです。

また、DSAの設定をする際にサイト全体か指定したページのみで配信を行うかを選択することができますので、どのページに対してフォーカスしたいのかをあらかじめきめておいて、設定を行うのもよいかと思います。

 

まとめ

DSAは煩わしい設定は何もせずに広告配信できるとても便利な機能です。

「検索広告でどのようなキーワードを設定したらよいか分からない・・」と悩んでいる方は、まずはDSAを始めてそこからCVにつながっているキーワードを検索広告として設定するのもよいかもしれません。

インデックス化が進んでいないDSAの設定についてはこちらを参考にしてみてください。【動的検索広告】インデックス化が進んでいないサイトでの対処方法