最近更新の多い広告表示オプション機能ですが、2月に続き、3月も引き続きアップデートが入ります。今回は3月から実施される内容についてご紹介したいと思います。

広告表示オプションの更新内容

Google広告

3月は広告表示オプション(自動)がアップデートされます。

動的サイトリンク表示オプションは、掲載結果の向上が見込まれる場合に、手動で作成したサイトリンク表示オプションとともに表示されるようになります。

個別の動的サイトリンク表示オプションのレポートを利用できるようになります。

表示するサイトリンク表示オプション(手動作成または動的)は、個別のサイトリンク表示オプションを一時停止または削除して管理できるようになります。

移行期間:2022 年 3 月中旬からを予定

対象表示オプション:広告表示オプション(自動)

動的サイトリンク表示オプションについて

2月は広告表示オプションレポートを個別に確認出来る点、広告表示オプションをオンオフが可能になった点など、運用管理のしやすさを目的としたアップデートが中心でした。3月のアップデートも重複する内容もあるのですが、最も注目すべきは広告表示オプションの表示範囲が広がる点です。手動・自動の広告表示オプションが同時に掲載されるようになるようになります

これまでは、サイトリンク、コールアウト、構造化スニペットを手動で作成した場合、動的サイトリンク動的コールアウト動的構造化スニペットは広告に表示されませんでした。3 月中旬より、広告表示オプション(自動)と、手動で作成した広告表示オプションは同時に表示されます。たとえば、手動で作成した広告表示が可能なサイトリンクが 2 つしかない場合でも 2 つの動的サイトリンクが自動的に作成され、合計で 4 つのサイトリンクが表示されます。

参考

手動で作成したサイトリンクは内容によって表示されにくいケースもありますが、今後は表示されていない枠がある場合は補完するようにサイトリンクが作成されます。

Yahoo!広告

3月は広告表示オプションのアップデート内容は下記のとおりです。

広告表示オプションごとの配信オン・オフに対応

広告表示オプションの作成上限数を撤廃

キャンペーンエディターの項目を追加

ダウンロードファイルの項目を追加

移行期間:自動移行の開始は2022年5月23日からを予定

対象表示オプション:クイックリンクオプション、テキスト補足オプション、カテゴリ補足オプション、電話番号オプション

新形式の広告表示オプションの提供開始と自動移行について

注目すべき点はGoogle広告同様にオンオフを選択できるようになった点です。

個人的に便利だと思うのは、配信する曜日・時間帯も選択することが出来るようになった点。決められた時間帯のみ見せたい広告表示オプションがある場合は運用しやすくなりますね。

現段階でアップデート内容は反映されており使用することは可能です。レポートに関しても(新)広告表示オプションレポートを作成することが可能です。

注意点としては現段階で新規の表示オプションを作成してしまうと、自動移行の対象から外れてしまうようです。使用を考えている方は把握されたうえで移行してください。

(新)広告表示オプションを1件でも作成した場合、そのアカウント配下の広告表示オプションは全て自動移行の対象から外れます。
システムによる自動移行をご希望の場合は、自動移行が完了するまで、(新)広告表示オプションは作成しないでください。

新しい広告表示オプションの注意点

動的サイトリンクはまだ実績がみえているわけではないため稼働した際の挙動・表示される内容については注意が必要です。動的サイトリンクレポートをみつつ対応していきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.

Hiroshi Shimada

リクルートにて求人広告制作のディレクター、Googleにてアカウントマネージャーをそれぞれ経験。その後、健康コーポレーション(現RIZAP)にて、WEB施策のデータ分析を行う部署を統括。直近10年はWEBマーケティングに専念しているが、広告領域の業務で言えば22年の経験。オンライン・オフラインどちらの戦略立案・実施・分析においても、知識・経験が圧倒的に豊富なマーケター。

engun_banner-lion