Google OptimizeでABテストを行う場合、Google AnalyticsとGoogle Optimizeを連携させて成果の集計・良し悪しの判断を行います。最近ですとGTMでタグの一元管理を行っているケースが多いと思いますが、GTMでGoogle OptimizeとGoogle Analyticsのタグを管理している場合に、Google Optimizeの管理画面で「このページのオプティマイズのインストール状況に問題があるようです」とエラーが表示され、内容としては「アナリティクス設定の不一致」と書かれている場合の対処法を以下にメモとして記述しておきます。

エラー「アナリティクス設定の不一致」が発生する原因

このGoogle Optimizeのエラーですが、以下のような場合によく発生するエラーになります。

・Google Analyticsのトラッカー設定ではクロスドメイントラッキングを有効にしている
・ただし、Google Optimizeではトラッカー設定が漏れている

アナリティクス設定の不一致を解消する方法

上記の点(先に述べた原因の部分)をGTMで問題ないか確認します。具体的な対処法としましては、Google Optimizeのトラッカー設定で「allowLinker」を「true」にすれば問題解決となります。ちょっとした設定の漏れがエラーに繋がってしまい混乱してしまいがちですが、必要な設定について設定状況を一つ一つ確認していけば、意外と簡単にエラー解消できることも少なくありません。今回お話したエラーもそんなエラーの1つですね。

The following two tabs change content below.

Akira Kodaka

2005年、SEO・サイト制作で起業。法人向けSEOを請け負いつつ、アフィリエイターとしても活動(当時国内上位1%の報酬獲得実績達成)。また、同時期に美容室を買収し、黒字化させてバイアウト。その後、2010年から8年間、Googleで広告運用スペシャリストとして活躍。新規クライアント専門ビジネス支援部門リード、広告代理店営業マネージャー、通信テクノロジー業界シニアアカウントマネージャーを経験。2018年、株式会社援軍設立。

engun_banner-lion