SEO対策が上手くいき「狙ったキーワード検索に対して検索結果上位表示に成功」した場合、その恩恵は計り知れません。検索結果の上位(特に1位~10位」に自社のサイトが表示されていても、追加で広告費等の費用がかかることはなく、ひたすら見込客を集客できてしまいます。そんなSEO対策ですが、いざこれからSEO対策を初めて実施するとなった場合に最低限として導入すべき無料ツールを今回はご紹介します。内容のレベルとしては、入門者向けです。

無料ツール1.Google Analytics

言わずと知れた「Googleが提供するアクセス解析ツール」です。SEO対策を正しく行っていると、検索エンジン経由だけではなく様々なところから見込客集客ができるようになります。また、サイトに訪問してきた見込客がどのようにサイト内で行動しているのかを知ることで、集客した見込客に「とってもらいたいアクション(注文・申し込み等)」をとってもらいやすいサイト設計を作るヒントになります。Google Analyticsを導入することで、そういった「集客元の特定」や「見込客の行動パターンの特定」等ができるようになります。

なお、Google Analyticsには無料版と有料版がありますが、これからSEO対策を始めるところであるなら、間違いなく無料版で問題ありません。相当なトラフィック数を得られる大規模サイトまでサイトが育った場合に有料版の導入を検討すれば良いです。多くの企業が導入しているGoogle Analyticsは無料版です。

無料ツール2.Search Console

こちらもGoogleが提供する無料ツールですが、サイト内のデータを収集するアクセス解析ツールと違い、「Google検索の検索結果データを収集する無料ツール」です。自社サイトがどういったキーワード検索をされた場合に検索結果ページに表示され、その表示順位は何位で、見込客に検索結果ページでクリックされた数・確率はどうなのか等のデータを確認することができます。SEO対策を行っている以上、当然、検索結果ページの表示順位がしっかり上昇しているかを定期的に確認する必要がありますので、絶対に導入が必要な無料ツールとなります。

その他のツールについて

今回の記事は入門者向けの内容にしていますので詳細は割愛しますが、SEO対策で成果が出るようになってきたら、更なる成果獲得の為に「ヒートマップツール」や「競合サイト分析ツール」の導入を検討するのをお勧めします。これらのツールは無料のものが少ない(無料のものがあっても、機能面が役立たないものが多い)ですが、上手に活用することでより大きな成果に繋げることができるようになります。実際、弊社ではこれらのツールも全て活用してお客様へSEO対策支援を行っています。

今回は以上です。この記事の冒頭でも述べました通り、SEO対策が上手く成功すれば、その恩恵は計り知れないものとなります。検索連動型広告を使わずとも、検索エンジン経由での見込客集客が大きく加速します。ただし、SEO対策は成果が出るまでに時間がかかるもの(通常、正しいSEO対策方法を継続的に実施して、目に見える結果が出るまでに3ヶ月~1年程度の時間がかかる)ではありますので、目の前の売上を作る等の短期間の成果を期待するのではなく、中長期のデジタルマーケティングの取り組みの1つとして捉えるのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

Akira Kodaka

2005年、SEO・サイト制作で起業。法人向けSEOを請け負いつつ、アフィリエイターとしても活動(当時国内上位1%の報酬獲得実績達成)。また、同時期に美容室を買収し、黒字化させてバイアウト。その後、2010年から8年間、Googleで広告運用スペシャリストとして活躍。新規クライアント専門ビジネス支援部門リード、広告代理店営業マネージャー、通信テクノロジー業界シニアアカウントマネージャーを経験。2018年、株式会社援軍設立。

engun_banner-lion