今回は簡単に実施できるSEO対策の1つに関して書きます。今日から実施可能な簡単なSEO対策方法ではありますが、その難易度の低さの割にはトラフィック増加効果があります。その為、以下のSEO対策方法を実施していない場合は、すぐに実施してみることをお勧め致します。

画像に代替テキストを追加しよう

今回お伝えしたい内容は「画像に代替テキストを追加しましょう」ということになります。サイト内の各ページで表示させている全ての画像に対して、代替テキストを追加するようにして下さい。もちろん、追加する代替テキストは「その画像を表す言葉」を簡潔に記述するようにしましょう。画像と関係ない言葉を記述しても、見込客と関係のないユーザーのトラフィックが増えるか、検索エンジンからスパムサイト扱いされるか、どちらにせよ良いことが起きない可能性が高まってしまいます。

画像に代替テキストを追加すべき理由

最大の理由は、検索エンジンに「何の画像なのか?」を認識させる為です。検索エンジンは日々進化しており、画像認識の精度も日々向上してきています。が、その精度はまだまだ発展途上と言わざるを得ません。その為、画像にはきちんと代替テキストを追加し、検索エンジンに対して何の画像なのかを認識させる必要があります。そうすることで、SEO対策としても評価されますし、画像検索からのトラフィック流入も期待できるようになります。

また、その他の理由として、画像表示されなかったサイト訪問者がページコンテンツを理解する助けとなる為、というものもあります。インターネット接続状況が遅い等、サイト訪問者は必ずしも常に快適な環境でページコンテンツを閲覧しているとは限りません。画像が表示されないこともあります。そういった場合に代替テキストが表示されれば、サイト訪問者はページコンテンツを理解しやすくなり、その結果としてサイト運営者が希望するアクションをサイト訪問者がとってくれやすくなります。

画像に代替テキストを追加する方法

やり方は非常に簡単です。画像を表現するhtml内にalt属性を追加記述するだけとなります。文章でその方法を説明するよりも実際の記述例をご覧頂いた方が理解しやすいと思いますので、以下に「画像に代替テキストを追加する場合のalt属性の記述例」を記述しておきます。

<img src=”画像URL” alt=”代替テキスト(画像を表現する言葉)”>

サイト内の各ページで表示させている全ての画像を対象に、上記の通りalt属性を記述して代替テキストを追加して下さい。1つ1つの作業に時間のかかるSEO対策方法ではありませんので、空いた時間を活用して段階的に代替テキストを追加していく形でも良いと思います。

今回は以上です。今回の内容をお読み頂いたのであれば、画像に代替テキストを追加するのは簡単だということがお分かり頂けたと思います。後は、このSEO対策方法をやるかどうかです。「勉強になった!」と思うだけで行動しなければ、サイトへのトラフィックは増加しません。サイト内の全ての画像に代替テキストを追加するのは多少なりとも時間がかかる作業ではあるかもしれませんが、簡単に実施できるSEO対策ですから、是非ともすぐに実施してみて下さい!

The following two tabs change content below.

Akira Kodaka

2005年、SEO・サイト制作で起業。法人向けSEOを請け負いつつ、アフィリエイターとしても活動(当時国内上位1%の報酬獲得実績達成)。また、同時期に美容室を買収し、黒字化させてバイアウト。その後、2010年から8年間、Googleで広告運用スペシャリストとして活躍。新規クライアント専門ビジネス支援部門リード、広告代理店営業マネージャー、通信テクノロジー業界シニアアカウントマネージャーを経験。2018年、株式会社援軍設立。

engun_banner-lion