SNS広告やディスプレイ広告においては画像の用意が必須になります。
弊社のお客様からも聞かれることが多いので、改めて各主要媒体で用意した方がよい、主な広告画像規定についてまとめます。

各主要媒体の主要な画像規定

Google広告

▽レスポンシブディスプレイ広告 ※いずれもファイルサイズ上限:5120KB
・横長画像(アスペクト比 1.91:1)
推奨サイズ: 1,200×628 ピクセル
最小画像サイズ: 600×314 ピクセル

・スクエア画像(アスペクト比 1:1)
推奨サイズ: 1,200×1,200 ピクセル
最小画像サイズ: 300×300 ピクセル

・ロゴ 横長画像(アスペクト比 4:1)
推奨サイズ: 1,200×300 ピクセル
最小画像サイズ: 512×128 ピクセル

・スクエア画像(アスペクト比 1:1)
推奨サイズ: 1,200×1,200 ピクセル
最小画像サイズ: 128×128 ピクセル

参照:https://support.google.com/google-ads/answer/7005917#zippy=%2C%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%81%A8%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E8%A6%81%E4%BB%B6

▽イメージ広告
推奨サイズ: 336×280 ピクセル、300×250ピクセル
ファイルサイズ上限: 150KB
参照:https://support.google.com/google-ads/answer/1722096#zippy=%2C%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%BA%83%E5%91%8A

▽ファインド広告/ファインドカルーセル広告 ※いずれもファイルサイズ上限:5MB
・横長画像(アスペクト比 1.91:1)
推奨サイズ: 1,200×628 ピクセル
最小画像サイズ: 600×314 ピクセル

・スクエア画像(アスペクト比 1:1)
推奨サイズ: 1,200×1,200 ピクセル
最小画像サイズ: 300×300 ピクセル(カルーセル広告の場合は128×128ピクセル)

・縦向き画像(アスペクト比 4:5)
推奨サイズ: 960×1,200 ピクセル
最小画像サイズ: 480×600 ピクセル

・スクエア画像(アスペクト比 1:1)
推奨サイズ: 1,200×1,200 ピクセル
最小画像サイズ: 128×128 ピクセル

参照:https://support.google.com/google-ads/answer/12563349?visit_id=638013547694069484-870901181&rd=1

Yahoo広告

▽レスポンシブ広告 ※いずれもファイルサイズ上限:3MB(推奨150KB以内)
・横長画像(アスペクト比 1.91:1)
推奨サイズ: 2,400×1,256 ピクセル
最小画像サイズ: 1200×628 ピクセル

・スクエア画像(アスペクト比 1:1)
推奨サイズ: 1,200×1,200 ピクセル
最小画像サイズ: 600×600 ピクセル

参照:https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/guideline/articledetail?lan=ja&aid=51344&o=default

Facebook広告/Instagram広告

▽Facebookフィード(アスペクト比 1.91:1~ 1:1)
推奨サイズ:1,080×1,080 ピクセル
最小幅:600ピクセル、最小高さ:600ピクセル
参照:https://www.facebook.com/business/ads-guide/image/facebook-feed

▽Instagramフィード(アスペクト比 1.91:1~ 1:1)
推奨サイズ:1,080×1,080 ピクセル
最小幅:500ピクセル
参照:https://www.facebook.com/business/ads-guide/image/instagram-feed

▽Facebook/Instagramストーリーズ(アスペクト比 9:16)
推奨サイズ:1,080×1,920 ピクセル
最小幅:500ピクセル
参照:https://www.facebook.com/business/ads-guide/image/facebook-story
参照:https://www.facebook.com/business/ads-guide/image/instagram-story

Twitter広告

▽ウェブサイトボタン付き画像広告 ※いずれもファイルサイズ上限:5MB
・横長画像(アスペクト比 1.91:1)
推奨サイズ: 800×418 ピクセル

・スクエア画像(アスペクト比 1:1)
推奨サイズ: 800×800 ピクセル

参照:https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/creative-ad-specifications.html

LINE広告

入稿サイズ:
1200×628 ピクセル、1080×1080 ピクセル、600×400 ピクセル
ファイルサイズ上限:10MB

参照:https://www.linebiz.com/jp/manual/line-ads/ad_005/?list=7161

結局どのサイズを用意すれば良い?

基本的には以下の2サイズがあると大体主要な領域をカバーできます。
・1200×628 ピクセル
・1200×1200 ピクセル

ただし、ここまでご覧いただいて分かるように媒体によっては画像サイズや上限ファイルサイズが微妙に異なる場合があります。
しかし、アスペクト比が一緒であれば、様々なソフトを用いて画像サイズやファイルサイズを変更することはできます。(画質の変動リスクあり)
まずは上記2サイズから用意していきましょう。

これから新しく画像広告を始める場合の参考になれば幸いです。
それでは。

The following two tabs change content below.

Kyotaro Yamaoka

横浜国立大学工学部卒。重工業系エンジニアを経て、2015年にWebマーケティング業界に参入。 前職では広告代理店のリーダーとして各種Web広告の運用を中心に多様なクライアントのプロモーションを支援。「デジタルマーケティング業界の何でも屋」「一人一人が獅子になる」という考え方に共感し 、2021年に援軍へ入社。 データ分析に強みを持つ理系ディレクター。