2021年9月よりGoogle広告でポリシー違反が繰り返された場合の違反措置を実施する実施するための、違反警告数に基づくシステムを新規に導入することが決定しました。

対象となるポリシーは、「不正行為を助長する商品やサービス」「不承認の薬物」「銃、銃部品、関連商品」「爆発物」「その他の武器および兵器」「タバコ」です。違反警告数に基づくシステムの対象となるポリシーの範囲は、今後拡大していく予定とのことです。

Google 広告の違反措置システムの一環として、今後はポリシー違反があると違反警告が発行され、ポリシー遵守を促し違反の繰り返しを防止するための通知がメールとアカウント内の表示で届きます。

初回のポリシー違反に対する措置は事前警告のみですが、違反が続いていることが確認されると、1 回目の違反警告が発行されます。違反警告は 3 回目まで発行され、1 回ごとに罰則が重くなります。1 回目と 2 回目の違反警告が発行されると、アカウントが一時的に停止されます(停止期間はそれぞれ 3 日間と 7 日間)。3 回目の違反警告が発行されるとアカウントが強制停止されます。

アカウントの一時停止措置を受けた場合は指摘を受けた箇所を改善し、確認フォームを提出しGoogle側から承認されたら1回目の場合は警告発行から3日後、2回目の場合は7日後に解除されるようになります。

3 回目の違反警告が発行されてアカウントが強制停止されると、再審査で強制停止措置が誤りであると認められない限り、広告の掲載とコンテンツの新規作成を行うことはできなくなります

 

アカウントが強制停止になったときの対処法

ポリシー違反や悪質な違反が繰り返された場合、Google広告のアカウントが強制停止されてしまうことがあります。強制停止されてしまうと結構厄介です。

強制停止中のアカウントに関連するアカウント(同じメールやお支払い方法を使用しているアカウントや、同じクライアント センター(MCC)アカウントにリンクされているアカウントなど)は、強制停止されます。Google はユーザーの安全を重要視しており、ユーザー、Google、またはパートナーを危険にさらす行為があった広告主様は Google 広告をご利用いただけなくなります。また、広告主様が新規作成するアカウントはすべて強制停止されます。Googleヘルプより

 

「別のアカウントを作ればいいや」なんていう考えは絶対にNG!アカウントが強制停止になっているのにも関わらず、新しいアカウントを作成したとしても、必ずアカウントは強制停止されます。

まず、何が原因で強制停止になったのかを特定し、違反箇所の修正を行い再審請求を行いましょう。
ひと昔前は、アカウントが強制停止されてしまうと復活するすべがなかったですが、現在はポリシー違反となっている箇所を修正し真摯に対応をすれば、アカウントが復活できるようになっています。

自分での原因特定が難し場合はサポートへ連絡をし、何が抵触しているのかを聞くのも1つの手段です。ただ、Google広告の審査部署は公平性を保つために独立しているので、詳しい情報は聞けない可能性もありますが、どこが抵触しているかは答えてくれるのでGoogleサポートも上手く活用して問題を解決しましょう!

 

 

 

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんプランナー。Google広告聡明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion