ユーザーが緊急を要しているときに、リンク先に遷移することなく広告主にすぐに電話を掛けることができる広告「電話専用広告」をご存知でしょうか?

  • 鍵を無くしてしまい家に入れない
  • 水漏れを早く直したい
  • 料金を広告主にすぐに確認したい

このように、緊急性が高いサービスを提供している会社にとてもピッタリな広告です。

 

電話専用広告の設定方法

電話専用広告の設定方法はとても簡単です。

管理画面から広告タブを開き+マークをクリックし「電話専用広告」を選択します。

 

 

通常の広告文と同じように、最終ページURLや見出しなどを設定して、広告を保存すれば完了です。

 

電話専用広告の設定はとても簡単にできます!しかし、多くの企業様は電話対応ができる時間が決まっているかと思います。配信時間の設定はキャンペーン単位でしか設定できないので、電話対応できる時間に広告の配信時間を設定してしまうと、機会損失につながってしまいますよね・・。

そのようなときに便利なのがルール設定です!

 

ルール設定で電話専用広告のみ時間指定する

管理画面のツールから「ルール」選択

 

ルール設定できるカテゴリが一覧で出てきます。今回は電話専用広告のルール設定を行いたいので「広告のルール」を選択します。

 

 

名前:設定するルールが何なのかを分かりやすいものを設定します。

アクション:広告の一時停止を選択

適用:停止したい対象の広告があるキャンペーンを選択

条件:「条件を追加」をクリックし属性より「広告タイプ」から「電話専用広告」にチェックを入れる

頻度:広告表示を停止したい時間を入力

 

 

こちらで、ルール設定は完了です。ただ、このままだと停止する時間になったら広告が自動的に停止し、翌日も停止したままになってしまいます。

同様のルール設定をもう1つ作成し、ルール設定の「アクション」を「広告を有効にする」に変更を加え、広告を再開する時間を設定すれば、自動的に電話対応が可能な時間帯のみ電話専用広告が配信されるようになります。

 

ルール設定は予算の管理などにも活用できますので詳しくはこちらをご覧ください。

【Google広告】自動化ルールで大幅な予算オーバーを防ぐ