GoogleAnalytics(GA)でデータを集計・分析する際、GA上のキャンペーン名がそのまま広告アカウントのキャンペーン名と一致していると分かりやすいですよね。
今回は、GoogleAnalyticsで日本語のキャンペーン名を返す方法を記載します。
※ユニバーサルアナリティクス・GA4どちらにも共通するお話です。

Google広告

Google広告はGoogleAnalyticsと自動タグ連携をしていれば、手動でパラメータを付与する必要がなく広告アカウントと同じキャンペーン名で集計できます。
※自動タグ連携が設定されているかどうかは以下から確認できます。
広告アカウントの左のメニューから「設定>アカウント設定」を選択。
自動タグ設定の「ユーザーが~」にチェックが入ってればOKです。

 

Google広告以外の広告

広告のリンク先に付与するパラメータを以下のように設定します。
?utm_source=***&utm_medium=〇〇〇&utm_campaign=(エンコードしたキャンペーン名)

例)Yahoo広告で「YS_指名」というキャンペーン名を設定していて、GA上のキャンペーン名でも同じように「YS_指名」として表示させたい場合に設定する最終ページURL
https://engun_test.co.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=YS_%E6%8C%87%E5%90%8D

※「YS_指名」をエンコードしたものが「YS_%E6%8C%87%E5%90%8D」です。
※Google広告でも自動タグ設定をしていない場合もこの方法が推奨です。

キャンペーン名をエンコードする方法

ここで、キャンペーン名をエンコードする方法を2つご紹介します。

1)エンコードできるサイトを利用

https://tech-unlimited.com/urlencode.html

こちらのサイトはシンプルで非常に使いやすいです。エンコードだけでなくデコードする(エンコードした文字列をエンコード前の文字列に戻す)こともできます。

2)Googleスプレッドシートでエンコードする関数を利用

複数のキャンペーン名をエンコードする場合、スプレッドシートで関数を組むと楽です。
関数の組み方は以下の通りです。

encodeurl(エンコードしたいセルor文字列)

以上です。
パラメータを上手に設定して、分析を効率的・効果的に進めましょう。
それでは。

The following two tabs change content below.

Kyotaro Yamaoka

横浜国立大学工学部卒。重工業系エンジニアを経て、2015年にWebマーケティング業界に参入。 前職では広告代理店のリーダーとして各種Web広告の運用を中心に多様なクライアントのプロモーションを支援。「デジタルマーケティング業界の何でも屋」「一人一人が獅子になる」という考え方に共感し 、2021年に援軍へ入社。 データ分析に強みを持つ理系ディレクター。