サイトのアクセス解析でメジャーなGoogle アナリティクスですが、新しいバージョンとしてGoogleアナリティクス4(GA4)というバージョンがリリースされています。
新しいといっても、2020年10月にリリースされたので、すでに1年以上が経過していますが。
しかしながら、まだ導入に踏み切れていないという方も多いのではないでしょうか?
私が関わってきた企業様ではまだ半数以上でGA4の導入はされてない状況でした。

現在主流なのは2014年から登場しているユニバーサルアナリティクス(UA)というバージョンですが、
今回はそのUAをすでに利用されていて、GA4の導入に踏み切れていない方向けに、GA4の導入方法とメリットをお伝えしていきます。

GA4を早めに導入すべき理由

まず、大前提としてGA4は導入した方が良いです。
理由は以下の3つです。

1)将来的にGA4がメインになる
2)GA4とUAを並行運用しても問題はない
3)Googleタグマネージャー(GTM)を使用すれば導入は簡単

今後、機能のアップデートなどはGA4が主流になることが予想されます。
GA4とUAを並行運用しても、すでに導入しているUAへの悪影響はないため、導入しておいて損はありません。
GA4のデータは導入してから蓄積されるため、いずれ切り替える必要があるなら早めに導入してデータを蓄積しておいた方が良いと思います。
GA4の導入のデメリットとしては「導入の手間」というのが一番かと思われますが、すでにGTMを使用されている場合は、非常に簡単に導入できます。
ですので、GTMを利用されている場合は是非導入をお勧めします。

GA4のメリット

それでは、GA4の導入にはどのようなメリットがあるでしょうか。
現時点で一番大きなポイントとしては分析軸が「セッション単位」→「ユーザー単位」に変わるということです。
詳細は省きますが、GA4では、セッション単位ではなくユーザー単位での計測となっているため、
複数のデバイスやプラットフォームを利用しているユーザーでも同一ユーザーとして分析でき、より正確なユーザー行動が把握できるようになります。
また、2つ目のポイントとして、メニューがシンプルになっているので、初心者でもわかりやすいようなUIになっています。

GA4を導入する方法

GA4の導入手順は大きく以下の4つです。

1)GA4用のプロパティを作成する
2)データストリームを作成する
3)GTMにGA4用のタグを設置する
4)GA4上でコンバージョン用のイベントを作成する

詳しく解説します。

1)GA4用のプロパティを作成する

GA上の管理の画面から「プロパティの作成」を選択します。
※アカウントレベルでの「編集」権限が必要です。

管理画面の手順に沿って、プロパティ名・地域や通貨の単位・業種を選びます。

2)データストリームを作成する
作成したプロパティから「データストリーム」を選び、データストリームを作成します。
※UAとGA4ではアカウント構造が異なり、新たにデータストリームというものが登場しています。

データストリームはアプリやウェブサイト単位で登録します。
データストリームを作成すると、測定ID「G-****」が発行されます。
こちらはGTMでのタグ設定の際に使用します。

3)GTMにGA4用のタグを設置する
GTMでGA4用に新しくタグを作成します。以下の設定にします。
・タグの種類:Google アナリティクス: GA4 設定
・測定ID:2)で取得したIDを入力
・トリガー:すべてのページ
このタグを公開すれば、GA4での計測が出来るようになります。

4)GA4上でコンバージョン用のイベントを作成する
作成したプロパティの左メニューの「設定」>「イベント」>「イベントの作成」を順に選択します。

コンバージョンイベントを作成します。
最も主流なサンクスページへの訪問の場合ですが、以下の通りの設定します。
「event_name」等しい「page_view」
「page_location」含む「***」※サンクスページのURL条件を指定します。

ここでのポイントは、必ず「「event_name」等しい「page_view」」を入れることです。
これを入れないと、page_locationで指定したページに訪問したタイミングだけでなく、
ページスクロールや、ページのクリックなど、ページ上でのアクションすべてがイベントとして計測されてしまうためです。

設定後、しばらくするとイベント一覧が見れるようになります。
設定した以外にも、デフォルトのイベントも表示されています。
この中からコンバージョンとして計測したいものに、「コンバージョンとしてマークを付ける」を選択します。
そうするとコンバージョンイベントとして扱われるようになります。
※この手順を省いてもイベントは計測されますが、コンバージョンには含まれません。

以上です。
この後、自社内のアクセスを除外するIP除外などの設定も必要に応じて行った方が良いですが、今回は割愛します。

詳細は一部省かせていただきましたが、すでにGAのアカウントがありGTMも使用している場合は非常に簡単にGA4を導入することが出来ます。
この記事が、少しでもGA4の導入ハードルを下げることに繋がれば幸いです。

それでは。

The following two tabs change content below.

Kyotaro Yamaoka

2015年にWebマーケティング業界に参入。 前職では広告代理店のリーダーとしてリスティング、ディスプレイ、SNS広告の運用を中心に多様なクライアントのプロモーションを支援。「デジタルマーケティング業界の何でも屋」「一人一人が獅子になる」という考え方に共感し 、2021年に援軍へ入社。 数字と家族を愛する新進気鋭の理系ディレクター。別名「データ分析の鬼」

engun_banner-lion