やはりという感じですが、拡張テキストは終了となり、レスポンシブ検索広告がメインのフォーマットになるようです。

Google広告のヘルプによりますと、

  • 2022年6月30日より、拡張テキストの作成および編集は不可となる。
  • ただし、以降も拡張テキスト広告の配信は継続される。オンオフも可能。

ということです。

詳細については以下Google広告ヘルプもご参照ください。
レスポンシブ検索広告について

https://support.google.com/google-ads/answer/7684791?hl=ja#null

そのうち終わる日が来そうだなーとは思っておりましたが、いよいよという感じです。
配信はされるというものの、そのうち終わる日が来るでしょう。

さて、これまではレスポンシブ検索広告を入稿してはいるものの、まだ拡張テキストをメインの広告としている(拡張テキストのほうを重要視している)という方も多いと思います。
ですが、いよいよメインのフォーマットがレスポンシブ検索広告になるということは、本腰を入れてレスポンシブ検索広告に注力する必要が出てきますね。

弊社でも以前、レスポンシブ検索広告の有効性を改善する記事を書かせていただきました。

Googleレスポンシブ検索広告:広告の有効性の改善方法とその効果とは?

今後、レスポンシブ検索広告自体のアップデート等もありそうな気がするので(予想)、弊社でも引き続きレスポンシブ検索広告の改善策、ベストプラクティスを探していき、またこの場で共有したいと思います。

ではまた。

The following two tabs change content below.

Junichi Nakamura

前職は大手ネット広告代理店のインターネットプロモーション部門の部長。マネジメント兼プランナー/ディレクターとして、SEM、ディスプレイ領域中心に、業界問わず大手クライアントのプロモーション支援を行う。現場に拘り、コツコツと改善施策を積み上げながら、着実に改善に繋げていく職人。

engun_banner-lion