前回、キーワードのマッチタイプの優先順位について触れました。

【2021年最新版】Google広告キーワードのマッチタイプの優先順位

今回は、DSA(動的検索広告)と通常のキーワード、どちらが優先されるのかを説明します。

完全一致キーワードが優先

結論、検索語句と完全に一致するキーワードがアカウント内にある場合は、キーワードが優先されます。

完全に一致しない場合はどうなるのか

Google広告ヘルプによると、キーワードがフレーズ一致、部分一致キーワードの場合は、掲載結果が高くなると予想される、いずれかが出ると書かれています。

つまり、動的検索広告の方が広告ランクが高い場合は、キーワードではなく動的検索広告が表示されることがあるとのことです。

では、前回の記事でお伝えしたキーワードの優先順位を踏まえるとどうなるのでしょうか?

まず、Google広告ヘルプによると以下の説明が書いてあります。

動的検索広告は、優先ルールにおいては検索語句と完全一致でないキーワードまたはスペル修正された検索語句と同様に扱われます。つまり、上記のルールを適用した結果としてキーワードが優先的に使用されない場合、動的検索広告はアカウント内の他のキーワードと比較され、広告ランクが最も高いものが表示されます。

非常に日本語が分かりにくいですが・・・おそらく、以下のようになるのではないかと思います。

  • マッチタイプが違っても同一語句のキーワードがある場合はキーワード優先
  • スペル修正したキーワードと合致するキーワードがある場合は、キーワード優先
  • その後、上記にマッチしない部分一致、フレーズ一致のキーワードと比較した場合に、広告ランクが動的検索広告のほうが高ければ、動的検索広告が表示される。この時、キーワードは関連性も加味して比較される。

やや推測の部分もありますが、またこの辺り実際の挙動も見ながら、また詳細分かればこの場でお伝えしたいと思います。

よくある勘違い。アカウント内競合はない

前回と今回の記事でキーワードの優先順位についてお話ししました。

ちなみによくある勘違いとして、アカウント内でキーワードが重複することで競合し、CPCが引き上がるというふうに思われている方もいるかもしれませんが、1つのアカウントで、複数キーワードがオークションで競合することはありません。

そもそもオークションにどのキーワードが使用されるかは、前回、今回でお話しした優先順位で決まりますので、2つのキーワードがオークションに入って、競合すること自体がありませんので、ご安心ください。

ではまた。

The following two tabs change content below.

Junichi Nakamura

前職は大手ネット広告代理店のインターネットプロモーション部門の部長。マネジメント兼プランナー/ディレクターとして、SEM、ディスプレイ領域中心に、業界問わず大手クライアントのプロモーション支援を行う。現場に拘り、コツコツと改善施策を積み上げながら、着実に改善に繋げていく職人。

engun_banner-lion