AppleのiOS14のアップデートの話がでてから、よく耳にするようになった言葉があります。それが、SKAdNetworkです。最初聞いたときは、ディスプレイ配信のアドネットワークの話?
それがなぜアプリやiOS14に関係するの?のような疑問をいだきました。今日は同じように疑問に思った方に向けて、SKAdNetworkについて簡単に解説していきます。

SKAdNetworkとは?

SKAdNetworkは、iOS上の広告キャンペーンにおけるアトリビューションを受け取るための方法の一つです。もっとわかりやすく言うと、Appleが提供するアプリの計測ツールです。※ただし、管理画面などはありません。データを各ベンダーに飛ばす事で数値化されのです。

なぜ、SKAdNetworkが注目され始めたのか。

簡潔に言うと、ユーザー保護を第一としたAppleが、ユーザーのプライバシーに触れないようにしながら、でも計測は必要だよねっという事で出てきたのがこのSKAdNetworkです。(諸説あります)
ユーザーの保護が第一優先なので、いままで普通に取得していたユーザーの端末情報は取れなくなるという前提で、個人情報などに干渉しないレベルで取得できるデータを計測するツールがこの、SKAdNetworkです。

iOS14のアップデートで、IDFAが取得できなくなるなんていう話が飛び交ってますが、ATT対応すれば、一応取れるようにはなります。ATT(AppTrackingTransparency)とは、アプリをユーザーが起動する際や、アプリに滞在している間に、アプリ側から、「あなたのIDFA取得してもよいですか?」とお伺いを立てる作業のことを指します。ATTはiOS14以降、もしIDFAを取りたい場合、これを入れないと、取得できない仕様に変更されるため、導入を急がれているAPP事業主や、既にテスト導入されているベンダーは多いはずです。

SKAdNetworkの特徴

AdjustやAppsFlyerなどではアプリインストールから様々な情報が取得できていました。
いつインストールして、どの媒体媒体からリテンションされたか、課金情報やイベントクリアなどマーケティングに活用できるデータが大量に取得できていたのです。
SKAdNetworkはこれらほとんどが取得できません。また、その他不便な点がたくさんあります。

【不便な点】
・WEB面での計測が不可
・リテンション機能なし
・不正検知機能なし
・パラメーターがないためキャンペーン以下の情報なし
・LTVやROIなどの分析ができない
・リアルタイムポストバックできない
・SKAdNetworkの管理画面存在しない

ポイントとしては、「リアルタイムポストバックできない」という点です。

リアルタイムポストバックできないという事

記載の通り、SKAdNetworkはリアルタイムで情報を飛ばせないのです。これまでは、インストールすれば、ほぼ時差なく、計測ツール側にインストールデータが飛び、1インストールとカウントされてました。SKAdNetworkは違います。
インストールが発生した時点から1つ目のタイマー(24時間)が発生します。インストールしてそのまま24時間たてば、ようやくMMPや媒体にインストールデータが飛びます。ただし、インストールしてアプリ内でまた別のアクションを起こすと新たにタイマーが発動(24時間)するのです。

求人系アプリを例にとります。
アプリをインストールしてから、様々な求人を閲覧しました。10時間後に再度アプリを起動して、ある案件が気になったのでお気に入りに登録しました。さらにその3時間後に求人に応募しました。

この場合、インストールしたい時間を0時と定義すると
0時 :インストール :1タイマー目発動
10時 :お気に入り登録:2タイマー目発動(1タイマー目リセット)
13時 :求人応募   :3タイマー目発動(2タイマー目リセット)

インストールから13時間+24時間=37時間

インストールした時点から37時間立たないと、管理画面に1インストールとカウントされないのです。
非常に不便ですよね。こうなってくると、もうインストール数で勝負していくほかないように思えます。

まとめ

時代の流れによってGDPRやプライバシー保護など当たり前の世の中になってきている昨今ですが、
広告を配信する側ももちろんこの流れに乗る必要はあると思います。広告を配信する側やアプリを提供するベンダー側にとっては不便になるとは思います。
ATTなどの対応などで端末データも取得できるとはいえ、時代の流れに逆行する行為ではあるので、そこでパワーを使うより、この状況を受け入れて、この中でできることを模索していく方が、よっぽど健全かと思われます。

The following two tabs change content below.

Masahiro Ozeki

株式会社援軍新人社員。主にWEB広告のディレクション、運用プランナー。元大手ネット広告代理店インターネットプロモーション部門で、マネジメント兼プランナーとしてWEB・アプリ領域それぞれのプロモーションを担当。業界歴約9年。より顧客と寄り添ったサービス提供がしたいという気持ちが強くなり、2020年11月にデジタルマーケティング支援の何でも屋 援軍にJoin。

engun_banner-lion