自社の広告がちゃんと掲載されているかをキーワードを検索して広告表示させていませんか?

こちらの方法はあまりオススメしません。。理由はインプレッションがあるにも関わらずクリックされないとクリック率やクリック単価にも影響を及ぼす可能性があるのと、何度も似たようなキーワードで検索をすると広告が表示されなくなるので、正しい情報が得られないというデメリットがあります。

かといって、しっかりと広告が表示されているのかは広告主によって気になるところですよね・・。

そのようなときにオススメなのが「広告プレビューと診断ツール」です!

 

広告プレビューと診断ツールとは?

広告または広告表示オプションが表示されない場合に、アカウント内で理由を特定するのに役立ちます。特定のキーワードの Google 検索結果ページをプレビューすることもできます。特定のキーワードで検索が行われた際に、どの広告と広告表示オプションが掲載されるかを確認できます。検索語句と言語や地域などの条件を入力すると、その条件でお客様の広告がユーザーに掲載されるかどうかを確認できます。Googleヘルプより

広告プレビューと診断ツールを使用することで、自社の広告が配信地域にしっかりと表示されているか?広告表示オプションは表示されているか?を確認することができます。

自社の広告を確認したい場合は可能な限りこちらのツールを使用するようにしましょう!

 

広告プレビューと診断ツールの使用方法

管理画面右上の「ツール」から「広告プレビューと診断」を選択します。

調べたいキーワードを検索窓に入力し地域・デバイス・言語を選択します。

広告が表示されている場合は「広告は表示されています」と出てきます。広告表示オプションに関しても、ここで何が表示されていて何が表示されていないのかを確認することができます。

 

 

広告が表示されていない場合は「広告が表示されていません」と表示されます。

なぜ、広告が表示されていないのか理由も記載されているので、メインのキーワードで広告が表示されていない場合は理由を確認して対策を行いましょう。

 

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんディレクター。Google広告黎明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion