2021年7月よりYDNよりコンテンツキーワードターゲティングがリリースされました。コンテンツキーワードターゲティングとはYahooから提供されたキーワードを選択し、それらに関連するwebページやアプリに広告を配信する手法になります。

【Yahoo!広告(YDA)】コンテンツキーワードターゲティング登場!サーチターゲティングとの違いは?

コンテンツキーワードターゲティングを設定方法

まずはコンテンツキーワードリストを作成しよう

右上の「ツール」より「共有ライブラリ」から「コンテンツキーワードリスト」を選択し「コンテンツキーワードリストを作成」をクリックします。

コンテンツキーワードリスト名は任意のものを入力します。説明は必要であれば入力してください。

「コンテンツキーワード」のボックスにどのようなキーワードで関連するコンテンツ(面)に広告配信をしたいかを考えてキーワードを入力します。

キーワードによっては候補として出てこない場合も多々あるので、その際は言い回しを変えたキーワードなどで入力をし、よさそうな候補が出てきたらチェックを入れてキーワードとして追加していきます。

コンテンツキーワードが決まったら「作成」をクリックするとコンテンツキーワードリストが保存されます。

 

コンテンツキーワードリストの作成はこれでOK!

Google広告の場合はカスタムオーディエンスを作成する場合、こちらが意図したキーワードを設定することができますが、コンテンツキーワードターゲティング(サーチターゲティングも同様ですが)Yahooから提供されたキーワードを選択することになるので、こちらが想像しているキーワードがない場合もあり自由に設定できないのが不自由に感じました。。

コンテンツキーワードターゲティングのキャンペーンを作成しよう

通常通り新しいキャンペーンを作成します。キャンペーンの目的を選択しキャンペーン設定に進みます。

キャンペーン名・広告グループ名など必要事項を入力し、下部にある「広告を配信するコンテンツ」の箇所で「コンテンツキーワード」を選択し「コンテンツキーワードリストを指定して配信」に進むと、先ほど作成したキーワードリストが表示されるのでそれを選択。

広告設定はバナー・レスポンシブ広告・カルーセル広告・テキスト広告から作成することが可能です。

これでコンテンツキーワードターゲティングの設定は完了です!

 

実際にコンテンツキーワードターゲティングを配信した感想

あまりコストを掛けずにテスト的に配信を行ったため、日額予算は1000円~3000円で設定をしていました。

  • 配信期間:12月1日~31日
  • コスト:¥43,543
  • IMP:1,644,650
  • クリック数:1,235
  • CPC:¥35
  • CV:4件
  • CPA:¥10,886

他の施策ではCPA¥800~¥1500ほどの成果となっているのでコンテンツキーワードターゲティングのパフォーマンスはイマイチ・・。CVをしっかりと獲得というよりはブランディグに近い感じかなー。っという印象でした。

配信面に関してはYahooNewsが主でしたが、Yaoho面しか配信されないのでおかしなサイトにでることはなくその点は安心して広告掲載ができます。

リリースされてからそれほど期間もたっていないので、どのくらいのパフォーマンスがあるかは未知の部分があります。関連するキーワードがリストとして表示されない場合は無理して広告配信をすることはないと思いますが、関連するキーワードがあり且つリターゲティングに依存しない広告手法を探している場合は試してみる価値はあると思います。

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんプランナー。Google広告聡明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion