Yahoo!広告(以下YDA)で新しいターゲティング機能「コンテンツキーワードターゲティング」が2021年7月29日(予定)リリースされます。

本日は概要と他ターゲティングの違いについてご説明します。

コンテンツキーワードターゲティングとは?

コンテンツキーワードターゲティングとは、キーワードを設定し、設定したキーワードと関連する面(Web面、アプリ面)に広告を出す手法です。

例えば、サッカーというキーワードを設定した場合、Web面、アプリ面のサッカーに関連するコンテンツに広告を表示させることができます。

GDNでコンテンツターゲットを実施したことがある人ならおなじみの手法ですね。

掲載面は?

Yahoo!面のみで以下サービス内の記事コンテンツが対象となります。また、タイムラインの広告枠は対象外です。Yahoo!ニュース面での掲載が多くなりそうな気がしますね。

対象サービス
Yahoo!ニュース
スポーツナビ
スポーツナビDO
Yahoo!映画
Carview!
Yahoo! テレビ
GYAO
Yahoo!ファイナンス
Yahoo!不動産 おうちマガジン

サーチターゲティングとの違いは?

サーチターゲティングは「設定したキーワードを検索した履歴があるユーザー(人)」をターゲティングする手法です。
一方、コンテンツキーワードターゲティングは、「設定したキーワードと関連するコンテンツ(面)」に出す手法になります。
人か、面かの違いです。

既存のターゲティングであるサイトカテゴリに似ていると思うかもしれませんが、サイトカテゴリはサイト全体をターゲティングしているのに対し、コンテンツキーワードターゲティングは、サイト内の関連するコンテンツをターゲティングしますので、より関連性のある面に広告を表示することができます。

ちょうどサイトカテゴリとプレイスメントの間ぐらいと位置づけているようです。

キーワードコンテンツターゲティング

Yahoo!資料「コンテンツキーワードターゲティングの機能提供について」より引用

キーワードは自由に選べるのか?

リリース記事によると以下のように記載があります。

コンテンツキーワードターゲティングを利用するには、まずコンテンツキーワードリストを作成します。リストはシステムが提示するキーワードを選択して作成します。

よって、GDNのように自由にキーワードを設定できるのではなく、恐らく入力したキーワードで検索して出てくるキーワードリストの中から選択するという方式かなと思われます。
サーチターゲティングも同様ですが、ここが少し使いにくいポイントではありますね。

こんな方におすすめ

コンバージョンを重視している場合、YDAではリターゲティング、次いでサーチターゲティングを実施しているケースが多いかなと思います。
YDAでコンバージョン増やしたいけど、次の一手が・・・と思っていた方は試してみると良いと思います。

リリース後、自身の提供サービス、商材と関連するキーワードでどういったものがリストにあるかチェックしてみましょう。

そして関連するキーワードがある場合は、まず少額から試してみることをお勧めします。

掲載面はYahoo!面のみなので、おかしなサイトに出るというリスクも少ないです。まずは試してみて、どういった面に出ているのかチェックしましょう。

IOS14の影響で、リターゲティングがどんどん厳しくなっていますので、リターゲティングに依存しないこういった配信手法を積極的に試していきたいですね。

ではまた。