皆さんは、Twitterモーメントカレンダーをご存知でしょうか。

年間のTwitter上で話題になりやすい出来事をまとめているTwitter社が発行しているカレンダーです。
これを見ればいつ何がTwitter上で話題になるかをある程度予想できることになります。
入手方法について Twitterビジネスのサイトに掲載されており、Quarter毎に発行されています。

https://business.twitter.com/ja/resources/twitter-marketing-calendar.html

モーメントカレンダー、その内容は?

▼2020年11月 モーメントカレンダー

モーメントは記念日・祝日 / 季節 / スポーツ /エンターテインメントの4つのイベントに種別されており、
各月3つ、最も盛り上がりを見せるであろうモーメントがピックアップされています。

▼記念日・祝日
・〇〇の日 / 〇〇記念日
例、ポッキー&プリッツの日(11/111)、いい夫婦の日(11/22)など

▼季節
・〇〇シーズン
例、衣替えシーズン(10月上旬)

▼スポーツ
・〇〇選手権
例、日本シリーズ、全日本フィギュア選手権

▼エンターテインメント
・TVの特番など
例、M1グランプリ

 

どんな時に活用できる?

活用方法は以下のように様々なシチュエーションが考えられます。

・新しいターゲッティング創出

例えば若年層にリーチしたい時、若者が反応しそうなモーメントをいくつかピックアップして、それにまつわる関連ハンドルやキーワード、対応した会話ターゲティングがあるかを探します。10月のモーメントとして「運動会」がありますが、「運動会」=「若者が行う催事」ということが言えるため、それにまつわるキーワードや会話ターゲティングを追加するといった流れになります。

・ボリュームが出なくて困っている時

Twitterで盛り上がるモーメントがあらかじめ把握できるので、ツイートされるであろうキーワードをモーメントから引っ張るだけでボリュームはある程度担保できます。
例えば11月11日、この日はポッキー&プリッツの日としてTwitter上で毎年盛り上がりを見せます。ツイート内で使用される 「#ポッキー&プリッツの日」をターゲティングすることでボリュームが担保できると想定されます。

・オウンドやリアルなどのキャンペーンを企画する

盛り上がりそうなモーメントと連動させたプレゼントキャンペーンや、話題になりそうなモーメントに合わせて商品ローンチ日を設定するなど、Twitter広告以外でも十分活用できる内容になっています。

まとめ

Twitterモーメントカレンダーには、Twitterのターゲティングを考える上で重要なヒントが隠されています。ユーザーのニーズを捉えて適切なタイミングで適切なユーザーに広告を配信することで成果改善に繋げられるかもしれません。

The following two tabs change content below.

Masahiro Ozeki

株式会社援軍新人社員。主にWEB広告のディレクション、運用プランナー。元大手ネット広告代理店インターネットプロモーション部門で、マネジメント兼プランナーとしてWEB・アプリ領域それぞれのプロモーションを担当。業界歴約9年。より顧客と寄り添ったサービス提供がしたいという気持ちが強くなり、2020年11月にデジタルマーケティング支援の何でも屋 援軍にJoin。

engun_banner-lion