広告運用を行ってると使用する機会がとても多いGoogleスプレットシート。作業するうえでとても便利なのですが、まだ使用したことがないという方も多くいらっしゃいます。今回はExcelは使用したことがあるけどスプレッドシートを使用したことがない方に向けて、 スプレッドシートの特徴をお話ししたいと思います。

Googleスプレッドシートとは

Excelと同じ表計算ツール

Googleスプレッドシートとはいわゆる表計算ツールです。表計算ツールで有名なものとしてExcel(エクセル)がありますが、ほぼ同じツールとして扱うことが可能です。Excelでは関数を使用することが多いかと思いますが、スプレットシートでも基本的な関数は同様に使用することが出来ます。さらにExcelのみの関数も存在ますが、スプレットシートならではの関数も多く存在します。例えば添付URLのような関数が存在ます。

データはGoogleサーバー上に存在する

スプレッドシートの大きな特徴なのが、データはGoogleサーバーに存在する点です。Excelであれば各自のPC内に存在するファイルを編集作業を行いますが、スプレッドシートはサーバーに存在するため、編集する際は該当するシートのURLにはいり編集作業を行います。この特徴が後でお話しする業務の効率化の軸となります。

相互互換している

スプレッドシートとExcelファイルも相互互換しています。スプレットシートからExcelに変換することも出来ますし、反対にExcelからスプレットシートに変更することも出来ます。気軽に試してみることが容なんです。

使用することが時短につながる

Googleサーバー上に存在するという特徴、業務効率に大きく寄与します。

共有するための工数を削減できる

たとえばデータ更新された場合、Excelではメールなどに届いている最新のファイルを取りに行く業務が発生します。対してスプレットシートの場合は一度URLを共有されていれば、以降のそのURLをみるだけで最新のファイルを閲覧・編集できます。共有するための工数は削減することが可能となります。

複数の修正・更新を一つのシートで管理できる

複数の人間が一つのデータを修正・変更する場合、Excelでは各自のPC上のファイルを更新するため、最新ファイルと古いファイルを間違えて修正するトラブルが発生することがあります。スプレットシートでは一サーバーに上がっている一つのシートを基に修正・変更するため、修正・更新時のトラブルを抑えることが出来ます。スムーズに業務を進めることで、業務時間を削減できます。

広告アカウントに入らず実績確認ができる

スプレットシートをしようすれば、アドオンなどの機能を用いることで、広告アカウントに入ることなく最新の情報を閲覧することが可能になります。中小規模の企業の広告担当者は広告運用のみに専念するというケースは少ないかと思います。その他の業務も行いつつ広告運用する場合、管理画面に入ること自体が億劫になるケースもあります。

スプレットシートを使うことが効率化の第一歩

スプレットシートは広告運用で必須となる共有・実績確認業務を効率化することが出来ます。Excelの使用経験がある方であれば、比較的簡単に使用することが出来ますし、Googleのサービスということもあり無料で使用することが出来ます。まずは使用してみて、効率化の第一歩を踏み出してみませんか。

The following two tabs change content below.

Hiroshi Shimada

リクルートにて求人広告制作のディレクター、Googleにてアカウントマネージャーをそれぞれ経験。その後、健康コーポレーション(現RIZAP)にて、WEB施策のデータ分析を行う部署を統括。直近10年はWEBマーケティングに専念しているが、広告領域の業務で言えば22年の経験。オンライン・オフラインどちらの戦略立案・実施・分析においても、知識・経験が圧倒的に豊富なマーケター。

engun_banner-lion