BtoBの商材を取り扱っており週末になるとCVにつながりづらいくCPA悪化につながっている。などの悩みがあり指定の日時や曜日で広告配信を避けたい場合、手動でいちいち切り替えるのは結構な手間ですよね。そのようなときに便利なのが「スケージュール設定」です。

 

広告のスケージュール設定とは?

ユーザーが検索したときに常に広告を表示させたい場合もあれば、特定の曜日や日時、営業時間のみに広告を配信したい。そのようなときに広告スケージュール設定を使用します。

広告スケージュール設定でてきることは下記です。

  • 指定した時間帯や曜日にのみ広告を表示する
  • 入札単価調整を設定して、曜日や時間帯によって入札単価を引き上げる、または引き下げる(自動入札の場合は機能しないがクリック数の最大化は設定可能)

 

スケージュール設定方法はとても簡単!

管理画面の左側から「広告のスケジュール」を選択し鉛筆マークをクリックします。

 

対象のキャンペーンを選択し、配信したい曜日と時間を指定するだけで設定完了です!

配信したくない時間を間違えて設定しないように注意してください!

 

入札比率の設定方法

デフォルトでは入札単価比は「0%」になっていますが、曜日ごとや設定したスケジュールで入札比率を変えたい場合は「入札単価調整費」の「0%」の箇所のカーソルを合わせると編集マークが出てきますので、ここで変更することができます。

 

スケジュール設定は慎重に

管理画面の数値だけを見て「日曜がCVつながってないから止めちゃえ!」と安易に広告停止をしてしまうと機会損失につながってしまう可能性もあります。少ないデータで判断してしまうのは危険なので、スケジュール設定を検討している場合はしっかりとサンプルデータが溜まってから判断するようにしましょう。

 

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんプランナー。Google広告聡明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion