サンクスページがないサイトやバナーをクリックした数をコンバージョンとしてカウントしたい・・などタップやクリックされたらコンバージョン測定を行いたい場合GTMを使うを簡単に設定することができます。

HTMLを読めなし・・・。と諦めることはありません!

意外と簡単にできるので覚えておいて損はないと思います^^

 

今回は、例として援軍HP「https://engun.co.jp/」内の”備忘録”をクリックした数をコンバージョンとして計測するようにしたいと思います。

Google広告のアカウントから新規タグを作成する

Google管理画面から新規のコンバージョンタグを発行します。

タグの追加方法から「Googleタグマネージャーを使用する」を選択します。

 

GTMアカウントで新規タグを作成する

GTMのタグから新規作成でタグを作成します。

 

タグの名前は【Google】バナータップなどわかりやすいものでOKです。

タグのタイプは「Google広告のコンバージョントラッキングを選びましょう。

 

 

 

1で作成したGoogle広告のコンバージョンIDとラベルを入力します。

 

これでタグの設定は完了です。

次に、このタグが発火するための「トリガー」を設定します。

 

トリガーを設定する

 

トリガーの新規作成を行い、トリガータイプは「クリック-リンクのみ」を選択します。

pageURLは、今回測定したい援軍のHPのURL「https://engun.co.jp/」を入力します。

 

このトリガーの発生場所は、今回「備忘録」がクリックされたときにCV計測を行いたいので、サイトのソースを確認して「備忘録」のURLを入力します。

備忘録は上記URLで反応するため、ここをトリガーとして入力します!

 

 

これで完了です!

プレビューできちんと発火されるか確認するのを忘れないでくださいね。

 

PCとスマホでリンク先や記述が違う場合

まれに、PCとスマホでタップのURLや記述が違いものがあります。

その場合は、PCとスマホのそれぞれで上記の通りトリガーを作成して、紐づけしたいタグにアンド条件で追加すればOKです。

 

トリガーの追加はGTMのタグからトリガーを追加します。

鉛筆をクリックすると下記のような+マークが出てくるので、ここからトリガーを追加すれば完了です!