Googleの動画アクションキャンペーン(VAC)がにリリースされました。
これは、TrueView for Actionの次世代メニューで、更に効率的なコストでコンバージョンを増やすことのできるメニューです。

その特徴として、YouTube Home feed面の追加や、機械学習がより進化、テキスト情報の追加が可能、な点が挙げられます。

動画アクションキャンペーンの作り方

キャンペーン

動画アクションキャンペーンは、従来のTrueView for Actionのキャンペーンの作り方とほとんど変わらないのですが、広告グループ階層で、どちらかを選択することになります。

「キャンペーンの目標を選択」
目標に基づいて、 [販売促進]、[見込み顧客䛾獲得 ]、[ウェブサイトトラフィック ] 目標を選択します。

「キャンペーンタイプ」
動画を選択。サブタイプとしてコンバージョンの促進が自動で選択されます。

 

「入札戦略」
[コンバージョン数の最大化]、[目標コンバージョン単価]のいずれかを選択。
コンバージョン最大化の設定をお勧めします。Googleが予算内で多くのコンバージョンを発生するように動くため、配信がなされやすく、学習に必要な情報がたまりやすいため、初動CPAが悪化しても、徐々によくなる傾向にあります。目標コンバージョン単価は、目標単価に応じたCPAに抑えて配信するようにエンジンが動きますが、思うように配信が進まない傾向にあるため、少し高めの単価に設定する必要が出てくるケースがあります。

「予算と日別」
日予算で設定するかキャンペーンの合計で設定するかを選択します。一度設定すると変更できませんが、予算額はいつでも変更できます。
ある程度日の配信量をコントロールする必要があるなら日予算の設定。そうでなければキャンペーンの合計で設定することをお勧めします。CVの機会があれば配信を仕掛けていける設定のため機会損失を極力抑えることができます。

「ネットワーク」
Youtube面、ディスプレイ ネットワークの動画パートナーの選択が可能です。配信面は広い方がよりリーチが広がるので、極力すべてを選択することが望ましいです。

「広告のタイプ」
「標準広告枠」が推奨です。ただし、デリケートなコンテンツに掲載しない方針であれば、「制限付き広告枠」を選択してください。ただし配信枠を抑制した分ボリュームが減る可能性もあります。

広告グループ

「広告グループの種類」
[レスポンシブ]を選択します。[標準]を選択するとTrueView for Actionになります。

広告

TrueView for Actionとの違いとしてテキスト情報を追加することができる点です。
必要なテキスト情報としては、
行動を促すフレーズ : 全角 5 文字以内(半角 10 文字以内)
※行動を促す明確なフレーズを用意します。例:「クリックして詳細を確認」「サインアップ」「今すぐ購入」「ダウンロード」「クーポンを入手」
広告見出し:全角 7 文字以内(半角 15 文字以内)
長い広告見出し: 全角 45 文字以内(半角 90 文字以内)
説明文: 全角 35 文字以内(半角 70 文字以内)

上記を準備して入稿することで、動画アクションキャンペーンが開始できます。

参考までに私が実際に配信した動画アクションキャンペーンとTrueViewforActionとの比較では、CVRが1.2倍、CPAが30%低減させることに成功しました。※WEB外部リンクへの遷移が成果地点
動画広告でよりCVを効率的に獲得するのであれば、動画アクションキャンペーンは非常にオススメです!