インターネット広告を利用している広告主の皆様の多くは、Google広告をご利用中かと思います。検索連動型広告・ディスプレイ広告・動画広告など様々な広告メニューがあり、更にはターゲティングの種類も非常に豊富なのがGoogle広告。広告予算の規模が大きければ大きいほど、様々な広告メニュー・ターゲティングをご利用になっているかもしれません。

で、本題ですが、Google広告の1アカウントにおけるキャンペーン数・広告グループ数・キーワード数の上限はいくつなのか?Google広告は広告メニューやターゲティングの数が多いだけに、場合によってはキャンペーン数・広告グループ数・キーワード数が上限に達してしまうかもしれません。初期の広告入稿時には上限に引っかからなくても、近い将来に上限に達してしまうようなことが想定されれば、初期の広告入稿時にそれも想定してアカウント構成を組んでおくのがより良いでしょう。

・キャンペーン数上限:アカウントごとに10,000個
・広告グループ数上限:キャンペーンごとに20,000個
・キーワード数上限:広告グループごとに20,000個 ※ただし、アカウントごとに上限5,000,000個でもあるので注意

かなりの数のキャンペーン数・広告グループ数・キーワード数が設定できますが、「細かすぎる広告グループの組み方をする(昔のやり方を今もやっている人に多い。弊社では推奨していない。)」とか「駅名や市区町村名などの地名キーワードを網羅的にターゲティングに設定する必要がある」という場合には、上記の各上限数を気にしておいた方がいいかもしれません。

The following two tabs change content below.

Akira Kodaka

2005年、SEO・サイト制作で起業。法人向けSEOを請け負いつつ、アフィリエイターとしても活動(当時国内上位1%の報酬獲得実績達成)。また、同時期に美容室を買収し、黒字化させてバイアウト。その後、2010年から8年間、Googleで広告運用スペシャリストとして活躍。新規クライアント専門ビジネス支援部門リード、広告代理店営業マネージャー、通信テクノロジー業界シニアアカウントマネージャーを経験。2018年、株式会社援軍設立。

engun_banner-lion