Google広告のファインド広告。数年前は聞きなれない広告メニューでしたが、今ではGoogle広告の中でも主要な広告メニューの1つとも言えるほど利用されるようになりました。そんなファインド広告ですが、初めて利用する際にお勧めのターゲティングは何なのかということについて今回は解説していきます。Google広告は「細かなターゲティングが出来る!」というもの魅力ではあるものの、「細かくターゲティング出来すぎて、どのターゲティングを使うのが良いのか分からない!」という声もよく聞きます。そんな場合のお役に立てれば幸いです。

結論:ファインド広告のターゲティングにはカスタムインテント

ファインド広告で使用するターゲティングでお勧めなのが「カスタムインテント」です。キーワードを指定して「検索エンジンでそのキーワードを検索したことがある人」を狙った独自のオーディエンスリストを作り、そのオーディエンスリストをターゲティングに使用します。検索連動型広告で成果の良いキーワードやその類似キーワードを狙ってカスタムインテントのオーディエンスリストを作りましょう。

理由:確度の高い見込客のみに絞り込んだ広告配信が可能

カスタムインテントがお勧めである理由はシンプルで、「指定したキーワードを検索エンジンで検索したことのある人=確度の高い見込客」を狙って広告配信が出来るからです。検索連動型広告が成果を出しやすい運用型広告であるのと同様に、ファインド広告も成果が出しやすい運用型広告となります。

補足:様々なオーディエンスリストを順次試そう

ファインド広告を始める際にはいくつかのカスタムインテントのオーディエンスリストを作って試すと思いますが、そのオーディエンスリストの成果だけを見るのではいけません。検索連動型広告で成果の良いキーワードが見つかれば「類似キーワード」「関連キーワード」と他のキーワードもターゲティングに追加していきますよね。それと同じように、ファインド広告でも試す価値のあるキーワードがあれば、順次オーディエンスリストを作成してターゲティングとして試していきましょう。

今回は以上です。ファインド広告はその名の通り「新しい見込客を見つける」為の広告です。その為、ターゲティングとして「リマーケティングだけを利用する」のは推奨されていません。ファインド広告をリマーケティングだけで利用すると本来のファインド広告の役割をしっかりと果たせなくなりますので、注意するようにしましょう。それでは、この記事を読まれた皆様がファインド広告で新しい見込客を見つけ、その一部をしっかりと顧客化できることを願っております!

The following two tabs change content below.

Akira Kodaka

2005年、SEO・サイト制作で起業。法人向けSEOを請け負いつつ、アフィリエイターとしても活動(当時国内上位1%の報酬獲得実績達成)。また、同時期に美容室を買収し、黒字化させてバイアウト。その後、2010年から8年間、Googleで広告運用スペシャリストとして活躍。新規クライアント専門ビジネス支援部門リード、広告代理店営業マネージャー、通信テクノロジー業界シニアアカウントマネージャーを経験。2018年、株式会社援軍設立。

engun_banner-lion