Google広告の広告メニューの中で徐々に人気の出てきたファインド広告。ベータ版だった頃など元々はファインドキャンペーンと呼ばれておりましたが、その当時と比較して今のファインド広告はより精度の高いターゲティングが可能になっており、主力の広告メニューの1つとしてファインド広告を実施している広告主も少なくありません。そんなファインド広告ですが、入稿した広告が問題なく審査で承認されているにもかかわらず、インプレッション(広告の表示回数)が0のままであることがあります。その場合の対処法を以下にまとめます。すべての対処法を網羅しているわけではないと思いますが、よくあるケースには対応しているはずです。

対処法1.単純に2日間くらい待つ

キャンペーン・広告グループ・広告のステータスを有効にしている場合、広告審査が完了してから実際にインプレッションが出るまでに「広告審査完了から2日間程度かかることがある」ということを覚えておきましょう。また、広告審査は既に完了している場合でも、キャンペーン・広告グループ・広告のステータスを一時停止から有効にした時は、インプレッションが出るまでに「ステータスを有効にしてから2日間程度かかることがある」ということも覚えておきましょう。

対処法2.入札単価と日予算を引き上げる

ファインド広告は自動入札機能を活用した広告メニューです。コンバージョンもしくはコンバージョン値のどちらかを重視する自動入札機能を使って広告配信されますが、その際に「入札単価が低すぎる」と当然インプレッションが出ません。例えば、ディスプレイ広告のCPAが2,000円なのにファインド広告の入札は目標CPA1,000円等にしていれば入札単価が低すぎるということになります。もし適切な入札単価が分からないなら、最初のうちは「コンバージョン数の最大化入札」もしくは「コンバージョン値の最大化入札」に設定すればいいでしょう。

また、打倒なCPAに対して日予算が低すぎるのもインプレッションが出ない要因になりえます。例えば、妥当なCPAが2,000円である場合に日予算が1,000円であるなら、妥当なCPAよりも日予算が少ない為に広告配信は控えめになり、場合によってはインプレッションが全く出ないということにもなります。妥当と思われるCPAの最低でも2倍、出来れば10倍くらいの日予算を設定するのが望ましいです。

対処法3.新規のキャンペーン・広告グループ・広告を入稿し直す

キャンペーン・広告グループ・広告のすべて、もしくはいずれかをコピーして新規広告を入稿した場合に起こりえるのですが、コピー元の広告配信履歴をコピーした新規広告が引き継いでいるケースがあり、それが理由で上手くインプレッションが出ないことがあります。その可能性が考えられるのであれば、コピーせずに0から新規のキャンペーン・広告グループ・広告を作成する形で入稿し直してみましょう。

今回は以上です。ファインド広告を日頃から入稿・運用している人なら慣れているかもしれませんが、そうでない人が「ファインド広告のインプレッションが出ない!」という状態に陥ると焦ってしまうものでしょう。今回お話した内容がすべての対処法というわけではないですが、よくあるケースの対処法ではありますので、もしファインド広告のインプレッションが出なくてお困りであれば、今回お話した内容の中から試していない対処法を是非試してみて下さい。問題解消することを祈っております!

 

The following two tabs change content below.

Akira Kodaka

2005年、SEO・サイト制作で起業。法人向けSEOを請け負いつつ、アフィリエイターとしても活動(当時国内上位1%の報酬獲得実績達成)。また、同時期に美容室を買収し、黒字化させてバイアウト。その後、2010年から8年間、Googleで広告運用スペシャリストとして活躍。新規クライアント専門ビジネス支援部門リード、広告代理店営業マネージャー、通信テクノロジー業界シニアアカウントマネージャーを経験。2018年、株式会社援軍設立。

engun_banner-lion