リスティング広告は競合と同時に広告が表示されるため、自社の広告と競合でどちらが勝っているのか?と気になりますよね。

そのようなときに活用していただきたのが「オークション分析」です。オークション分析は競合他社の広告と自社の広告を簡単に比較することができます。

 

オークション分析の確認方法

管理画面の左側、オークション分析をクリック

 

 

「自分」と記載されている部分が自社の広告で、下には競合他社のドメインが掲載され、それぞれのインプレッションシェアなど指標を確認することができます。とても簡単ですよね!

 

オークション分析に使われている指標

インプレッションシェア

「インプレッション シェア」は、実際の表示回数を、予想される表示回数の推定値で割った値です。
広告が表示されるかどうかは、広告のターゲット設定、承認状況、入札単価、品質スコアによって決まります。この値は 1 日に 1 回更新されます。

競合に比べてインプレッションシェアが低い場合は、インプレッションシェアを高めることでパフォーマンス向上を目指すことができます。

 

重複率

「重複率」は、同じオークションで自社広告と競合他社が同時にインプレッションを獲得した割合を表します。例えば、ある競合の重複率が30%となっていたら、自社のインプレッションのうち30%はその競合の広告も一緒に掲載されているという指標になります。

 

上位掲載率

「上位掲載率」は、お客様以外にもインプレッションを獲得した広告主様がいたオークションで、他の広告主様の広告がお客様のものより上位に掲載された割合を表します。要は、競合が自社の広告よりも上位に掲載された割合。例えば、競合が上位掲載率70%だった場合、自社の広告と競合が同時に広告が表示された回数のうち、70%が自社広告より競合び方が上位に表示されていたことになります。この指標は検索キャンペーンのみ表示されます。

 

ページ上部表示率

「ページ上部表示率」は、自社広告(表示している行によっては競合)が検索結果ページの上部に掲載された割合です。インプレッションが1000回のうち100回がオーガニック検索の上部に表示された場合は、ページ上部表示率は10%になります。

 

優位表示シェア

「優位表示シェア」は、オークションで自社広告が競合他社の広告よりも上位に掲載された割合、または自社の広告のみが掲載された割合を表します。優位表示シェアを確認することで、自社の広告が優位であるかを確認することができます。

 

オークション分析は、とても簡単にできる競合分析です。CVが思うように獲得できなくて悩んでいるときなどは、オークション分析でインプレッションシェアを確認し、競合他社に劣っているようであれば、入札単価を引き上げたり、広告文を変更(または追加)を行い、競合よりも高いインプレッションシェアを保てるようにしましょう!

 

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんプランナー。Google広告聡明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion