WEB広告を運用されている方は日々改善するため、あーでもないこーでもないと試行錯誤を繰り返しながら、PDCAを回されている事でしょう。私もその一人です。広告を大きく改善するために、マイクロコンバージョンを設定して取得するデータ量を増やして機械学習を促進したり、LPの内容を見直して、ユーザー導線を最適化したり、割と大掛かりな改修や変更を加えていくケースが多いとは思いますが、細かい設定部分の変更だけでも成果が改善する事があります。

タイトルにもあるように、CTA(Call To Action)の部分、主には文言の部分に変更を加えただけで、CTR、CVRが改善した事例をご紹介いたします。

<調査詳細>

仮説:より具体的な言葉を用いて誘導を促す事で、CTRが改善するのでは?

検証内容:既存のCTAと仮説を元に考案したCTA両方を走らせて、CTR、CVRに違いが出るか検証する。

業界:不動産

比較対象:CTA箇所を左記の2つで設定「詳細をみる」 VS 「物件を確認する」

配信期間:2週間

 

<検証結果>

「物件を確認する」の方が、CTRが112%、CVRが113%改善されました。補足ですが、CPAも10%程度下げられている状況です。

詳細を見るというありきたりで抽象的な表現から、より具体的に表現した「物件を確認する」の方が、クリックした後の事を想像でき、クリックするハードルを引き下げられたのではないかと仮説立てました。

改善するために日々いろいろな事にトライしている中、より簡易に効果がすぐに改善できる可能性があるCTAのABテストを実施してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

Masahiro Ozeki

株式会社援軍新人社員。主にWEB広告のディレクション、運用プランナー。元大手ネット広告代理店インターネットプロモーション部門で、マネジメント兼プランナーとしてWEB・アプリ領域それぞれのプロモーションを担当。業界歴約9年。より顧客と寄り添ったサービス提供がしたいという気持ちが強くなり、2020年11月にデジタルマーケティング支援の何でも屋 援軍にJoin。

engun_banner-lion