以前見ていた成果(コンバージョン)が異なっているのはなぜ?広告運用を始めたばかりの方から頂くことの多い質問です。これはレポートの問題でもなければ、広告管理画面のエラーでもありません。今回は広告のコンバージョンの定義についてご説明したいと思います。

広告のコンバージョンはクリックに紐づき計上される

広告の成果(コンバージョン)を正しく計測するためはクリック(広告課金されるアクション)とコンバージョンを紐づけて計算する必要があります。そのためクリックした日とコンバージョンした日が異なる場合、コンバージョンは過去にさかのぼり計上されることになります。このように計算することで広告の成果を追うことが出来るようにしているのです。日を改めて確認すると数字が異なるは裏側でこのような計測をおこなっているためです。

 

 

Google広告・Yahoo広告各媒体の説明は下記の通りとなります。

Google広告

広告の操作(広告のクリックや動画の再生など)が発生してからコンバージョンが記録される日数です。30 日を選択すると、広告の操作から 30 日以内に発生したコンバージョンがトラッキングされます。

コンバージョンの計測期間

Yahoo広告

訪問者がお客様の出稿した広告をクリックしたかを確認し、計測期間(7日間~90日間)内にクリックの履歴があれば、有効なコンバージョンとしてカウントします。

コンバージョン測定とは

文章が少しわかりにくいですが、Google広告・Yoogle共に広告のコンバージョンは「クリックしてから設定している計測期間内の成果を測っていますよ」ということです。

ちなみに似たような計測ツールであるGoogleanalytics(グーグルアナリティクス)はどうでしょうか。Googleanalyticsは広告と異なりサイトに訪問したユーザーの動向を分析・把握することが目的であるため、コンバージョンのカウントは広告のクリック単位ではなくサイト訪問のセッション単位で行っています。

アナリティクスと Google 広告のコンバージョン指標の違い

どの様に計測されるのかを正しく理解することが成果を出す運用の第一歩

広告運用は出てきた成果を基に改善を繰り返して成果へと繋げていく業務です。成果はどのように計上されているのかを知ることは運用上とても大切です。一つ一つ学んでいきましょう。学ぶ際に我々のような広告代理店のブログを参考にして頂けると嬉しいです。また個人的には各広告媒体のヘルプも隅々見てみることをお勧めします。慣れてないと少しわかりにくい書き方をしているのですが、各広告の詳細について書かれておりおススメします。

Googe広告ヘルプ

Yahoo広告ヘルプ

 

The following two tabs change content below.

Hiroshi Shimada

リクルートにて求人広告制作のディレクター、Googleにてアカウントマネージャーをそれぞれ経験。その後、健康コーポレーション(現RIZAP)にて、WEB施策のデータ分析を行う部署を統括。直近10年はWEBマーケティングに専念しているが、広告領域の業務で言えば22年の経験。オンライン・オフラインどちらの戦略立案・実施・分析においても、知識・経験が圧倒的に豊富なマーケター。

engun_banner-lion