カテゴリー: 未分類

【二重価格】気が付かずに行ってしまう不当表示について

広告のクリエイティブを考える際に価格訴求をすることも多いかと思います。価格を少しでも安く見せるために、価格を〇%OFFとして打ち出すことなど。しかし価格を比べて価格訴求する場合、使い方を誤ると「不当表示」となる可能性があります。今回は2重価格による不当表示についてのお話です。 二重価格の基本的な考え方...

Read More

【リスティング広告】配信したいキーワードのimpが出ない!そんな時はキャンペーンを切り分けよう

リスティング広告でCVを効率的に獲得していく際は、自動入札を用いる事が往々にしてあるかと思います。その方が適切な入札が適切なタイミングで行われたり、そもそもキーワード単位で細かな入札を行わなくてよいというメリットがあります。...

Read More

【Facebook】広告運用の見ておきたい指標

Facebook広告は自動最適化機能が優秀で基本的には機械学習に任せた運用が主となりますが、継続的に効果を発揮させるためにはやはり人の手による設定や判断が重要です。今回は見るべき指標やその基準値などをご紹介できればと思います。 見るべき指標の前に抑えておきたいポイント...

Read More

【Twitter】年齢ターゲティング機能が改修されました

少し前の話ですが、2021年6月10日にTwitterの年齢ターゲティングの改修が行われました。今回はその内容と影響について触れていきます。 年齢ターゲティングって? Twitterでは、 プロフィールに入力した誕生日に基づく年齢データを利用するパターンと、Twitterで誕生日を設定していないユーザーについては、ユーザーがフォローしているアカウントやユーザーの興味関心などから年齢を推測しています。...

Read More

【Linkedin】効果をさらに効率化?リストを使った配信を活用せよ

前回、Linkedinについてのターゲティングに関する記事を投稿しましたが今回は、さらに踏み込んだ施策について記載していこうと思います。 ▼前回記事 BtoB向け広告は、Linkedinで決まり?特徴的なターゲティングを紹介 踏み込んだといっても、GoogleやFacebookなどでは当たり前に実施しているカスタマーマッチがLinkedinでもるという話です。...

Read More

【Google広告・Yahoo広告】自動化ルールで何が出来るのか改めて確認する

6月に入り、Yahooディスプレイ(YDA)広告でも自動化ルールを使うことが出来るようになりました。自動化ルールで何が出来るか改めて確認したいと思います。 Goolge広告、Yahoo広告でおこなえる自動化ルール Google広告、Yajoo広告で自動化ルールは存在しますが、行えることはそれぞれ異なります。今回追加されたYDAの自動化ルールで行えることは、キャンペーン・広告グループの稼働・停止のみとなっているようです。...

Read More

【初心者向け】Twitter広告のおすすめ機能を使ってターゲティングを拡充しよう

Twitter広告は、デモグラフィックやキーワード・ハンドルなどを用いて広告を配信することが出来ます。広告配信するときは、どんな人に広告を見せたいかという事を考えて、そのターゲットの年齢や性別、趣味嗜好を想像して、ターゲティング案を作っていきます。ただ、膨大なハンドル数・キーワードがある中で、人力でそれを探していく事は時間と労力がどうしてもかかってきます。 そんな時に活用したいのがTwitterターゲティングのおすすめ機能です。 おすすめ機能とは...

Read More

Twitterのターゲティングはキーワードだけではない。会話ターゲティングを活用せよ

Twitterの代表的なターゲティングといえばキーワードターゲティング。一日に全世界で5億ツイートされているといわれており、ツイート=テキストデータが日夜蓄積され分析されています。Twitterだからこそのキーワードターゲティングなのですが、Twitterで注目すべきターゲティングはキーワードだけではありません。Twitterでは一定の話題をターゲティングできるメニューがあります。それが会話ターゲティングです。 会話ターゲティングとは...

Read More

Google アナリティクスの「ノーリファラー」とは。その仕様を理解しよう

Google アナリティクスの管理画面を見ていると、「direct/none」と表示されているものがあります。これはノーリファラーと呼ばれ、どのサイト経由で訪問したか不明な場合に表示されます。   <ノーリファラーと判定される例> ・ブックマークからの訪問 ・履歴からの訪問 ・URLを直接入力した訪問 ・アプリからの訪問 ・SSL領域からの訪問 ・リファラー情報送信を拒否した状態での訪問(セキュリティーソフト) ・QRコード読み取りからの訪問...

Read More
Loading