さまざまな広告フォーマットがあるYouTube広告。
その中でも動画からアクション(サイト側での購入などのコンバージョン)を促すタイプの広告といえば、これまではTrueView アクションキャンペーンでした。

昨年、動画アクションキャンペーンというTrueView アクションキャンペーンの進化版といえるものがリリースされましたが、2022年初頭には既存のTrueView アクションキャンペーンはすべて、動画アクションキャンペーンにアップグレードされることが発表されました。

もし、これからサイトに誘導してアクションを促すことを目的にYouTube広告を実施するのであれば、動画アクションキャンペーンを選択すべきです。

今回は改めて動画アクションキャンペーンについてご説明します。

動画アクションキャンペーンとは

動画アクションキャンペーンとはその名のとおり、動画からアクションを促す広告です。

video action campaignと表記されることもあり、略してVACといわれています。

TrueView アクションキャンペーンとの違い

違いは大きく分けて2点です。

配信面

動画アクションキャンペーンは、TrueView アクションキャンペーンではなかった、YouTubeホームフィードに出ます。
TrueView アクションキャンペーンは、YouTube の動画再生ページと Google 動画パートナーのみです。
この差はかなり大きいです。ホームフィードはみんなが最初に見るページですので。

広告フォーマット

動画アクション キャンペーンでは、レスポンシブ動画広告といわれる、スキップ可能なインストリーム広告とディスカバリー広告を組み合わせて使用します。
TrueView アクション キャンペーンではスキップ可能なインストリーム広告のみです。

また、動画アクションキャンペーンは、長い広告見出しと説明文を広告に追加できます。

コンバージョントラッキングが必須!

動画アクションキャンペーンはサイトへ誘導してアクションを促すための広告です。そのため、サイト側でコンバージョントラッキングの設定が必須となります。

入札戦略も、目標コンバージョン単価と、コンバージョン数の最大化の2パターンしかありません。

コンバージョン目的であればおすすめ!

今からコンバージョン目的で動画広告を実施するなら、動画アクションキャンペーンがおすすめです。

というか、もうこれ一択です。

GoogleもTrueView アクションキャンペーンと比べて、コンバージョンが1ドルあたり20%増加したというデータを出していますし、実際に弊社内でも良い実績が出ています。

もし、これからキャンペーンを作るという方は、以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。

Google 動画アクションキャンペーンの作り方

ではまた。

The following two tabs change content below.

Junichi Nakamura

前職は大手ネット広告代理店のインターネットプロモーション部門の部長。マネジメント兼プランナー/ディレクターとして、SEM、ディスプレイ領域中心に、業界問わず大手クライアントのプロモーション支援を行う。現場に拘り、コツコツと改善施策を積み上げながら、着実に改善に繋げていく職人。

engun_banner-lion