2021年9月21日 iOS 15のアップデートは、メールのセキュリティ強化を目的とした
『メールプライバシー保護機能』が含まれているため、今後のメルマガ配信に影響を及ぼす可能性が出てきました。

簡潔にいうとAppleのメーラーを使用しているユーザーがメールを開いて本文を見たということをメルマガ送信者に知られないようになることや、IPアドレスを隠すことで、他のオンラインのアクティビティとの関連付けや場所の特定に使用されないようにする という機能です。

影響範囲としては、デバイスに関わらず、Apple Mailアプリから開いたメール全てに影響します。
ただしiPhoneのGmailアプリのようにAppleデバイスで使用されている
他のメールアプリには影響しません。

『メールプライバシー保護機能』が搭載されると起こる事

①正しい開封率が把握できなくなる
メルマガ配信者は誰がメールを開封したかをApple Mailでは追跡できなくなり正しい開封率の取得が難しくなります。

②メール開封率が上昇する。

①に付随しますが、一般的にメールの開封の有無は、HTMLメールの本文中に埋め込まれた目に見えない小さな画像を使用して追跡します。メールが開封される、つまり本文が読まれると同時にその画像が読み込まれ、その仕組みによって送信者はメールが開封されたことを知ることができます。ですが『メールプライバシー保護機能』は、Apple Mailで受信したメールに対し、メールを受信した時に画像をはじめとするすべてのスクリプトやコードデータを事前に読み込むようになります。これにより、実際には開封されていないメールが開封されたように扱われ、必然的に開封数、開封率が上昇するというわけです。

まとめ

プライバシーに関する保護の強化が進むことで、これまでの当たり前がそうでなくなりますよね。近い将来クッキーを活用することもできなくなるので、
今からそれらに頼らない方法を模索する必要がますます出てきました。計測回りもそうですが、広告ターゲティングなどもリタゲに頼らない方法を模索し続ける必要があります。

 

The following two tabs change content below.

Masahiro Ozeki

株式会社援軍新人社員。主にWEB広告のディレクション、運用プランナー。元大手ネット広告代理店インターネットプロモーション部門で、マネジメント兼プランナーとしてWEB・アプリ領域それぞれのプロモーションを担当。業界歴約9年。より顧客と寄り添ったサービス提供がしたいという気持ちが強くなり、2020年11月にデジタルマーケティング支援の何でも屋 援軍にJoin。

engun_banner-lion