自動入札は日々の実績データをもとに入札単価やコンバージョン率を計算して、設定した目標を達成できるよう入札する仕組みです。
そのため、不測の事態でコンバージョンが計測できなかった場合、自動入札にも影響を与えてしまいます。

  • タグが誤って削除されてしまった
  • サイトが落ちてしまった
  • サンクスページが変わってタグが正常に動作していなかった

こういった場合のデータは異常値になるので、できれば自動入札の参照データからは削除したいですね。そういった機能が今年の1月にローンチしています。

以前、弊社代表小高がこの機能について記事を書いておりますのでご参照ください。

Google広告:一時的な広告停止で自動入札機能の精度低下が懸念される場合の対処法

本日は主にその機能の設定方法と注意事項をご紹介します。

スマート自動入札におけるデータの除外とは

コンバージョントラッキングで問題が生じた日付のデータをすべて無視するようにスマート自動入札に指示する機能です。

対象となるキャンペーンは以下です。

  • 検索キャンペーン
  • ディスプレイ キャンペーン
  • ショッピング キャンペーン

ファインドキャンペーンや動画キャンペーンは対象外です。

それでは具体的な設定方法を見ていきましょう。

設定方法

1.Google広告にログイン

2.上部の「ツール」をクリックし、共有ライブラリから「入札戦略」をクリック

Google広告管理画面ツール

3.画面左カラムの「詳細設定」をクリック

入札戦略_詳細設定

4.上部「データ除外」が選択されている状態で「+」マークをクリック

データ除外設定
5.名前や除外したい期間の日付、時間を入力

データ除外設定

6.範囲を選択
キャンペーンタイプや特定のキャンペーンのみ、特定のデバイスのみに限定することも可能です。

データ除外の範囲設定

7.保存して完了です。

注意事項

・除外はクリックに適用される

設定した期間に発生したクリックに対して除外が適用されますので、対象期間として設定した期間以外でも該当のクリックから発生したコンバージョンがある場合、除外対象となります。

・クリックからコンバージョンまでの時間を考慮する

クリックしてからコンバージョンまでに比較的長いタイムラグがある場合はそこも考慮して除外する期間を設定します。
例えば、クリックから平均してコンバージョンまで2日かかる場合は、除外する期間を2日前から設定します。

・レポートには影響しない

自動入札の参照データからは除外されますが、レポートには影響しません。

まとめ

機能としてご紹介はしたものの、頻繁に設定するものではありません。タグやサイトに長期に渡って問題が発生してしまった場合などにこういった手段があることを覚えておくと良いかと思います。

ではまた。