yahooイメージ

2020年4月14日より、Yahoo!の動的検索連動型広告(Dynamic Ads for Search、通称DAS)の対象となるウェブページを指定する方法において、「ドメイン全体」「ドメイン全体とページフィードを併用」の試験提供が開始となりました。

これまでは「ページフィード」と呼ばれる広告配信対象としたいURLリストを別で作成する必要がありましたが、今回の変更により対象ドメイン配下すべてを対象とすることが可能になります。

ページフィードを作成する必要がなくなったことで、広告運用の手間を軽減できます。

それでは設定方法を見ていきましょう。設定はとても簡単です。

設定方法

キャンペーンの新規作成で「動的検索連動広告」を選択します。

DASキャンペーン作成画面

そして、同じ画面の以下の箇所で「ドメイン全体」を選択します。

赤枠で囲った箇所に、ドメインを入力します。

ドメイン欄には、ドメイン情報のみを入力してください
https://engun.co.jp/を配信対象としたい場合は、ドメイン欄に「engun.co.jp」を登録します。

DASドメイン設定画面

ドメイン全体を対象としつつ、特定のURL配下を対象としたい場合は、広告グループの「ターゲット設定」で設定できます。

engun.co.jp/test/ を配信対象としたい場合は、ドメイン欄に「engun.co.jp」を登録し、
ターゲット設定で「test」を指定してください

DASターゲット設定

ページフィードと併用することも可能で、その場合は、「ドメイン全体とページフィードを併用」を選択します。

ページフィードと併用するケースとしては、ドメイン全部を指定しつつも、確実に配信対象としたいURLがある場合ですかね。

すでにページフィードでDASを実施されている場合は、併用から開始してみても良いかもしれません。

注意点

注意点として以下4つがあります。

  1. ドメイン全部を指定することで配信したくないページも対象となる可能性がある
  2. 医薬品、医療機器などの商品や医療機関の広告には利用できない
  3. 試験提供中のため、審査が厳しい
  4. キャンペーンエディターではまだ利用できない

それぞれ詳細をご説明します。

ドメイン全部を指定することで配信したくないページも対象となる可能性がある

ドメイン配下すべてが配信対象となりますので、広告配信対象としたくないページが対象となってしまう可能性があります。

特に、サブドメインで複数のサービスを展開されている企業は要注意です!

医薬品、医療機器などの商品や医療機関の広告には利用できない

化粧品や、健康食品も利用できません。Yahoo!ヘルプ情報によると、以下が対象外となります。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(以下、薬機法)の対象となる商材や医療機関の広告では、「ドメイン全体」「ドメイン全体とページフィードを併用」は利用できません。該当するジャンルについては、ページフィードをご利用ください。
対象となる商材や医療機関のジャンルは、以下のとおりです。
・医薬品
・医療機器
・医薬部外品
・薬用化粧品
・化粧品
・健康食品
・健康器具

試験提供中のため、審査が厳しい

ガイドラインに抵触する可能性がある語句をより厳しくチェックされるため、通常より広告が配信されにくくなるケースがあります。ガイドラインに抵触していないのに広告が配信されないウェブページは、ページフィードに登録した上で、キャンペーンに「ページフィード」のみを設定してみてください。

キャンペーンエディターではまだ利用できない

そのままですが、キャンペーンエディターでは入稿できないので、管理画面から設定しましょう。

まとめ

配信対象としたくないページには注意が必要ですが、ページフィードの作成が必要なくなったことで、かなり負荷が軽減できそうです。

まだDASを試したことがない方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか?