ECサイトなどで商品を販売している場合はユーザーがどこの地域にいるかなど全く関係ないですが、実店舗を構えており来店してくれることを重要視している広告主にとって、ユーザーの所在地はとても重要なポイントとなります。店舗より遠くの場所にいるユーザーに広告が表示されても来店する確率は低いので、このような無駄な広告配信はできるだけ避けるのがベスト。Google広告はウェブサイトにユーザーを流入させるものだと思われがちですが、実店舗への来店を促す広告「ローカルキャンペーン」というものがあります。設定はとても簡単なので実店舗を構えている方には是非試していただきたい広告施策の1つです^^

 

ローカルキャンペーンとは?

ローカルキャンペーンは、店舗への集客や来店を促すことを目的とし、ユーザーがいつどのように店舗を訪問するかを決める際に必要な情報をビジネスが提供できるようにすることです。広告掲載のプロセスが効率化され、Google 検索ネットワーク、マップ、YouTube、Google ディスプレイ ネットワークといった最大規模の Google サービスで店舗を簡単に宣伝できます。数行の広告文、予算、いくつかのアセットを設定すれば、それ以降はユーザーにリーチできるようにキャンペーンが自動的に最適化されます。バナーや動画、テキストの広告文など簡単な項目を設定するだけで、こちらが何もしなくてもGoogleの自動入札機能で最適化してくれます。

 

ローカルキャンペーンの掲載先

広告は Google 関連サイト全体に掲載されます。Google 検索ネットワーク、Google ディスプレイ ネットワーク、Google マップ、YouTube などに広告が掲載されます。

Googleマップ

ユーザーがGoogleマップで競合他社の店舗を検索したり、店舗のある地域を検索したりすると広告が表示されます。また、店舗の近くにいるユーザーや店舗の地域に興味を占めているユーザーにも広告が表示できます。

 

Google検索ネットワーク

ローカルキャンペーンで設定したビジネス情報と店舗に関連する検索語句が使われたときに広告が表示されます。

 

Googleディスプレイネットワーク

Google ディスプレイ ネットワークで最も関連性の高い場所に広告を掲載できます。店舗への関心を最大限に集められるように掲載先が最適化されます。

 

You Tube

店舗へ来店する可能性の高い顧客に対して広告を YouTube に表示できます。

 

ローカルキャンペーンの設定方法

ローカルキャンペーンを設定するにあたって「Google広告とGoogleマイビジネスのリンク」が必須になります。また、最低1本以上の動画を設定しなくてはならないので、もし無い場合はYouTube動画を作成しなくてはならないので注意が必要です。その他の設定はとても簡単です!

 

1.Googleアカウントにログイン

 

2.管理画面より新規キャンペーン作成を行う

 

3.キャンペーンの目的を「来店数と店舗売上の向上」を選択すると自動的にキャンペーンタイプが「ローカル」と選択されます。「Gooogleマイビジネス」か「アフィリエイトのビジネス情報を使用する」かを選び「続行」をクリック。

 

4.キャンペーン名・予算を入力します。

5.広告グループ名の設定と広告文の作成を行います。動画は最低でも1つ以上設定する必要があります。

 

ローカルキャンペーンで来店コンバージョンは計測できる?

恐らく多くの広告主がローカルキャンペーンを作成すると、キャンペーンを最適化するコンバージョンアクションで「来店コンバージョン」が選択できないようになっていると思います。

来店コンバージョンを計測するためにはいくつかの条件をクリアしなくてはなりません(2021年1月現在)

・店舗が来店コンバージョンのレポートの利用対象となる国に所在していること。

・店舗がデリケートなカテゴリに該当すると見なされないこと。たとえば、ヘルスケア、宗教、アダルト コンテンツ、子供に関連するビジネスの店舗はデリケートであると判断され、来店コンバージョンの対象外となります。

・重視する店舗がわかるように、広告で住所表示オプションアフィリエイト住所表示オプションを使用すること。店舗拠点が多ければ多いほど、来店コンバージョンの対象としてデータが十分に得られる可能性が高くなります。

・Google 広告で住所表示オプションまたはアフィリエイト住所表示オプションが有効になっており、キャンペーンや広告グループ単位で無効になっていないようにすること。また、キャンペーンで広告表示オプションを表示するよう設定すること。キャンペーンで設定を有効にしないと、来店数が報告されず、来店コンバージョンの対象として十分なデータが Google 広告アカウントで得られなくなる場合があります。

・プライバシー基準に準拠できるよう、広告のクリック数やインプレッション数と実店舗への来店数が十分にあること。来店コンバージョンのレポートでは機械学習モデルを活用しているため、来店コンバージョンを正確にレポートするには十分な量のデータが必要です。広告主様ごとに状況が異なるので、必要な量は広告主様ごとに異なります。

・Google マイビジネス アカウントで住所表示オプションを使用している場合は、店舗の所在地が Google マイビジネス アカウントで設定されており、すべての店舗のオーナー確認が Google マイビジネスで完了していること。 Googleヘルプより

 

来店コンバージョンはプライバシー保護の観点から匿名で収集されたデータに基づいて推定されます。また、来店コンバージョンが測定可能なデバイスはロケーション履歴がオンになっていることも条件となっています。そのためコンバージョン数がちゃんと信頼できる数値になるよう、広告のクリック数やインプレッション数と実店舗への来店数が十分にあることが必須となっています。

これらの要件を満たすとアカウントで来店コンバージョンのレポートが自動的に表示されるようになります。

 

まとめ

ローカルキャンペーンは、テキスト広告・動画・バナーがあれば簡単に作成でき、実店舗への誘導を行うことができる広告です。まだ試していない広告主様は是非ローカルキャンペーンを活用してみてください^^