Gooogle search image

Google広告、Yahoo!広告のキーワードのマッチタイプの一つである完全一致。

ユーザーが検索した語句と完全に一致した際に広告を出す、というのが基本ですが、実は結構カバー範囲が広いので、ここでおさらいしておきましょう。

完全一致とは

完全一致とはGoogleヘルプによると以下になります。

指定したキーワードと完全に一致する検索語句や、その類似パターンに該当する検索語句で、広告が掲載対象となります。完全一致キーワードと同じ意味を持つ検索語句は、つづりや文法の違いがあっても類似パターンと見なされます。類似パターンには、語順は異なるものの意味が同じ検索語句や、機能語(後置詞、接続詞、冠詞など、検索の意図に影響しない語)の有無が異なる検索語句、一部語句を省略した表現、類義語や言い換え、検索意図が同じ語句なども含まれます。完全一致はキーワードを角かっこで囲むことによって指定します。たとえば、[女性用 帽子] というキーワードを設定すると、「女性用 帽子」やその類似パターンの「女性用の帽子」といった検索に対して広告が表示されます。

完全一致がカバーする、”類似パターン”

上記の赤字の部分、検索語句そのものは違っても、意味が一緒とみなされる検索語句であれば、広告は表示されます。これが類似パターンです。

またGoogleヘルプからの引用になりますが、以下のようなパターンが該当します。

・誤字脱字
・単数形や複数形
・語形の変化(例: 英語の「floor」と「flooring」)
・略語
・アクセント付き記号の有無
・意味が同じで語順が異なる語句(例: [靴 男性用] と [男性用 靴])

・機能語の追加と削除: 機能語とは助詞(例: 「から」、「の」)や接続詞(例: 「ための」、「しかし」)など、検索の意図に影響しない単語です。たとえば、[男性用の靴] というキーワードは、「の」という機能語がない [男性用靴] の類似パターンに該当します。

具体例ですと、以下のような検索語句でも完全一致でカバーされます。

完全一致キーワード   広告が表示される検索語句の例
[当日 宅配] 宅配 当日

即日 宅配

[アマゾン バイト] [アマゾン アルバイト]

[amazon バイト]

[株式会社援軍] 援軍

 

まとめ

この類似パターンというのは、完全一致にだけ適用されるものではないですが、もし、これまで「完全に一致した検索語句でないと広告が表示されない」と思っていた方は、一度、検索語句レポートを見て、どのようなパターンで広告が表示されているかを確認してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら検索語句の語順が違うものをあえてキーワード化して登録した場合、今後はその手間が省けて、工数削減できるかもしれません。

本日は、実は結構カバー範囲が広い完全一致についてご紹介しました。