リスティング広告にもNGワードがあるのはご存知でしょうか?NGワードを設定してしまうと審査落ちはもちろんのこと商標を持っている企業から広告の取り下げ要請を受けることもあります。また、繰り返し審査落ちしてしまうと最悪の場合アカウントの強制停止になってしまうこともありますので、どのようなキーワードにリスクがあるのかを理解しておくことが大切です。

 

使用が禁止されているキーワードとは?

審査落ちでよくあるのが「商標登録されている名称」です。Google広告の場合はエディタで入稿しアップロード可能かを確認した段階で「商標登録」されているキーワードに対してはアラート内容がでるようになっていますが、Yahooはそのような仕組みがないので「商標登録されているかも」っと不安に思ったらしっかりと確認してから使用するようにしましょう。

商標登録されていか否かは「商標登録 検索」と検索エンジンで調べると多数のサイトが出てきますので、それらで確認するようにしましょう。

また、著作権を侵害する文言も使用NGです。そもそも、これらのキーワードは入稿できないことが多いですが、入稿できた場合でも権利者から指摘を受けトラブルに発展する可能性もありますので、使用しないのがベストです。

広告文が審査落ち!最上級表現を使用していないか?

「人気NO1!」や「他社と比べて一番安い!」など、それらを売りにしている企業は使いたくなる文言ですよね。しかし、これらの「最上級表現」はNGワードとなっています。ただし、第三者機関によって証明されている場合は、それらをサイトに記載することによって審査が通る場合もあります。第三者機関で照明されていない場合は使用することができないので注意しましょう。

誇張表現は避ける

自社の商品やサービスを「100%痩せる!」や「世界最高の品質」など、これらの誇張表現は消費者に対して誤解を与えてしまう可能性があるので正確な情報ではない限り、使用することは避けた方が安心です。

 

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんディレクター。Google広告黎明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion