コンバージョンはアカウント単位でなくキャンペーン単位でも設定できるのはご存知でしょうか?これまでのGoogle広告ではアカウント単位でのコンバージョンアクションで、それぞれをキャンペーン毎にコンバージョンを分けて設定することはできませんでした。しかし、2019年6月からキャンペーン単位でもコンバージョン設定ができるようになりました。

キャンペーン単位で目標の最適化を行うことで、同一アカウント内に別訴求(異なる商材など)のキャンペーンが入稿されていた場合でも、キャンペーン毎にコンバージョンを最適化して運用することが可能になります!

 

キャンペーン単位のコンバージョン設定方法

設定方法は非常に簡単です!

設定を選択し「その他の設定」をクリックします。

「キャンペーンのコンバージジョンアクションを選択する」にチェックを入れると、そのキャンペーンでどのコンバージョンアクションを設定するのかを選択することができます。

 

コンバージョンアクショングループを作る

キャンペーンでコンバージョンの定義は複数の場合もあると思います。そのようなときはコンバージョンアクショングループを作成すれば、複数のコンバージョンを設定することも可能です。

2つ上のコンバージョンアクションを設定したい場合は、コンバージョンアクショングループを作成すればOKです。

 

どのようなときに利用すればいいの?

例えば、同じサイトでも着地が「資料請求」と「購入」で分かれている場合や、複数店舗で広告を配信しており、それぞれの店舗ごと成果を分けて最適化したいときなど、コンバージョンアクションをキャンペーン毎に分けて設定することで、それぞれの目標に合わせた最適化が可能になります。

 

まとめ

Google広告では機械学習での運用が当たり前になってきました。スマート自動入札を上手に働かせるためにも、キャンペーン毎のコンバージョン設定は非常に重要になります。まだ、アカウント単位でのコンバージョン設定で運用している方は、是非こちらを試してみてください。

The following two tabs change content below.

Ryoko Furudate

子育てとデジタルマーケティングを両立させるママさんプランナー。Google広告聡明期から運用に携わる。女性ならではのきめ細かい対応でクライアントの成果を上げることを得意としている。

engun_banner-lion